Now Loading

いつつについて


いつつの理念「楽しく驚きにあふれたホンモノの日本伝統文化を、世界中の子どもたちのすぐそばに」

えがく

日本の伝統文化が周りにあふれる
未来をえがく

ひろげる

日本の伝統文化の価値を、
多様な分野にひろげる

とどける

日本の伝統文化を必要としている
すべての子どもに、日本文化に触れる
機会をとどける

つたえる

日本の伝統文化の価値を
世界中の子どもにつたえる

つくる

日本の伝統文化に子どもが
新しい形で触れる機会をつくる

いつつとは

いつつとは、5つ。「五」を意味する言葉です。株式会社いつつの名前は、この「五」にちなんでつけました。
いつつにとって「五」という数字は馴染み深いものです。

  • いつつとは、5つ。「五」を意味する言葉です。
  • いつつとは、5つ。「五」を意味する言葉です。
  • いつつとは、5つ。「五」を意味する言葉です。
  • いつつとは、5つ。「五」を意味する言葉です。
  • いつつとは、5つ。「五」を意味する言葉です。

第一に、日本将棋の駒の形は五角形で、日本将棋だけがこの形なのです。これは日本将棋独自の「取った駒を使うことができる」というルールから生まれた、日本の知恵が表象されているということができます。そして、いつつ代表の中倉彰子は、プロの将棋棋士です。将棋のプロとして、そして3人の子の母親として、将棋という日本の伝統文化を子どもたちに普及していきたい、将棋のすばらしさを多くの子どもたちに届けたい、そういう気持ちでいつつの構想はスタートしました。ですから、 いつつという会社においても、将棋の駒の形である五角形に込められた日本の伝統と知恵に、最大限の敬意を払いたいと考えています。

第二に、いつつは5歳を指しています。5歳という年齢は、小学校に入学する前、まだ学校の勉強に追われる年齢でもなく、だからといって受け身でもない、多感な年齢だと考えています。そして、大きくなるにあたっての基礎的な素養が培養され、好奇心が360度の方向に拡がっていく、とてもおもしろい年齢です。いつつは、この5歳を中心とした子どもたちに、ホンモノの日本文化に触れる機会をできるだけ提供したいと考えています。そして、小さいころに触れた「ホンモノ」は、大きくなってもその心に残り続けるのではないか、そしてそれこそが日本の伝統文化を子どもたちの世代に残していくにあたって、とても重要なことではないか、そのように考えています。ですから、いつつという会社は、5歳の子どもたちを中心に、子どもたちのことを考えた事業を展開していきたいと考えています。

第三に、いつつは、5つのやりたいことがあります。えがく・ひろげる・とどけ る・つたえる・つくる。楽しく驚きにあふれたホンモノの日本伝統文化を、世界中の子どもたちのすぐそばに。ですから、いつつという会社は、この理念のもと、5つのやりたいことを誠実に実行していこうと考えています。