Now Loading

子どもが将棋を指すと考える力が身につく5つの理由

将棋は勝ち負けを競うボードゲームなのですが、勝ち負けを競う過程において考える力を育むことができる一石二鳥のゲームです。相手の指し手や持ち駒が完全に公開されているので運の要素がなく、まさに考える力の勝負なのです。小さいころから考える力を養っておくとさまざまなことに応用することができて、将来プロの将棋棋士にならなくても役に立つことがたくさんあると思います。 大学受験においても「考える力」が重視されてきているという新聞記事もありましたし、先日郡山で開催した学研エデュケーショナルさんとのイベントでも、親御さんの「考える力」に対する興味の強さをものすごく実感しました。というわけで、今回の「いつつの」シリーズは、「子どもが将棋を指すと考える力が身につく5つの理由」と題して、将棋の売り込みをしてみたいと思います(^^)

将棋をはじめて習ってみたい!とお考えの方にオススメの、プロ女流棋士中倉彰子監修の「入門セット」も販売中ですよ〜!

1. 絶対的な正解のない問いに対して自分の頭で考えなければならない

将棋の指し手は10の222乗(1000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000です、たぶん 笑)とも言われています。つまり、ふたつとして同じ棋譜(将棋の進行)はありません。自分の頭で考えて指し手を進めていく必要があるんですよね。勝つという目標はみんな同じかもしれませんが、勝つための過程はひとそれぞれでぜんぜん問題ないのです。プロでも同じ局面を見て、意見が割れることもよくあるので、それだけ絶対的な正解がない世界だと言えるかもしれませんね。
12607223_222917048045511_885673704_n
現代ではインターネットが普及し、Googleという大先生が身近にいるので、考えなくても調べることですぐに答えに到達できる環境になってきています。ですが、実社会においては検索して答えにたどり着かないこともたくさんあります。私もLPSAの事業部長やいつつの代表をつとめる中で、検索して答えが見つかったらいいな〜って思いながら日々悩んでいますが、きっと社会人の方々は日々こういう答えがない問題に取り組んでいらっしゃるんだろうなーと改めて思いました。

絶対的な答えがない問題に取り組むことで、将棋を通じて考える力を育んでいただけたらと思います(^^)

2. 複数の選択肢の中からひとつに決める力(「決断力」)がつく

過去にすべてのタイトルを独占したことで有名な羽生善治名人が「決断力」という本を書かれているのですが、それくらい将棋は決断力を必要とするゲームです。羽生先生の著書で詳しく説明されているので、興味のある方はぜひそちらをお読みいただきたいのですが、私がこのブログで強調したいのは、将棋にはたくさんの選択肢の中から1手しか指すことができないため、たくさんの候補手の中からメリット・デメリットを考えて1つ選ばないといけないということです。
12650311_222919714711911_100239913_n

私もいつつの仕事をしていて実感するのですが、「捨てること」「やらないこと」を決めるのはとても難しいですね。将棋も同じで、指したい手がたくさんあったとしても、指せる手はたったひとつです。あとの手はあきらめないといけません。物事に優先順位を設定し、やることとやらないことを決めるというのは、本当に考える力を育んでくれるな、って思っています(^^)

3. 相手の視点に基づいて考えることができる

将棋は1対1で対局するゲームで、当然相手も全力で立ち向かってきます。将棋を始めたばかりの方は、自分にとって都合のいい進行を頭のなかで描いてしまう傾向があるのですが、将棋に慣れてくると自分が相手だったらどのように対応するだろう、と相手の視点にたって物事を考えることができるようになってきます。
12596084_222919244711958_884631596_n
ひとりひとりは多様な視点を持っていて、自分とは違う考え方をしているということに気づきます。感想戦(将棋の対局後に、対局者同士でおこなう反省会のこと)で相手の考えに触れることによって、自分とは異なる視点を得ることができ、新たな発見があるとともに、自分の視野を広げることもできるのです。

4. 知識を応用する力が身につく

将棋は、ルールを知識として持っている必要があり、また上達しようと思えば定跡という「型」のようなものを覚えていく必要があります。ですが、ルールや定跡を知っているだけでは、不十分なのです。算数で言うと、ルールを覚えたのは四則演算の決まりを覚えたようなもので、定跡を覚えた状態は公式が頭に入った状態です。でも、問題を解いていくにはそれだけでは不十分なこともよくありますよね。それと似ているかもしれません。

定跡で覚えたことを、自分ひとりでその通りに実行していったとしても、相手もいることですし、マニュアル通りには進まないことがほとんどです。じゃーどうするのかというと、定跡という知識に基いて自分なりに考えて柔軟に変化・対応する必要があるのが将棋です。

プロ女流棋士中倉彰子が、「子どもでもかんたん」・「わかりやすい」・「長続きする」をモットーに作成した「はじめての将棋手引帖」、好評発売中です〜。詳しくはこちらから!

12650239_222916714712211_105447073_n

知識を知恵に変化させる」と言っていたプロ棋士もいましたが、知識は持っているだけでは宝の持ち腐れで、どうやって使っていくのかを将棋を通じて学んでもらえたらうれしいです(^^)

5. 考えることが楽しくなる

まさに「将棋」は考え続けること=面倒なことをする世界です(笑)。将棋を通して、「考える」ことを自然に実体験することができますし、そしてなにより将棋を好きになると、上記の1〜4を自然とこなしていくことになります。将棋を楽しむことで、考える力を身につけていけるなんて、素晴らしいですね(^^)

*
将棋はこのように、「正解が決まっていないことについて深く考える力」を育んでくれるゲームとして、お子さまの成長の上でも非常に重要なのではないか、というように株式会社いつつでは考えています。

そのような将棋のルールを楽しく・簡単に覚えることができるテキスト、「はじめての将棋手引帖」を作成しました!お子さまと将棋を楽しみたい、考える力を身につけてほしい、とお考えのお父様・お母様方は、ぜひぜひご覧ください!

詳しい商品説明はこちら!

株式会社いつつの無料メールマガジンでは、子どもと将棋をする際に役立つ情報をどんどん発信中です。是非ともご登録ください。

いつつのメールマガジンに登録しませんか?
株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

「いいね!」で
楽しい将棋情報が!

Twitter で「いつつ」を

次回の更新は…

ママも一緒に考える −プロ女流棋士中倉彰子 子育てブログ」を予定しています。お楽しみに! (※変更になる場合もございます)

ぜひ、いつつのFacebookページTwitterFeedlyで更新情報をお受取りください!