Now Loading

女の子に将棋を教えるときに中倉彰子が心掛ける5つのこと

「将棋は男の子がするもの」って思ってる人いませんか?

確かに、羽生さんなど将棋界の著名人には男性の方が多いですし、どちらかというと「華やか」というより「シブさ」が際立つイメージですよね(^_^;)

しかし、現在では「3月のライオン」などの影響により少しずつではありますが、将棋に興味を持ってくれる女の子が増えてきました。

いつつのイベント活動でも、「今日も女の子がけっこう来てくれているなぁ」と、この傾向は実感するところです。

将棋イベントでも女の子がたくさん参加してくれます。
将棋イベントでも女の子がたくさん参加してくれます。

しかし女の子が増えたとはいえ、将棋教室や道場ではまだまだ男の子圧倒的に多数。将棋に興味があるとはいえ、男の子ばかりの中に女の子一人で入っていくのってけっこう不安で心細いですよね。

そこで今回のいつつブログでは、せっかく将棋に興味を持ち始めた女の子が将棋をやめちゃわないように、私、中倉彰子が心がけていることについてお話ししたいと思います。

(ルールを覚えた・覚える前段階のお子さんにオススメ、プロ女流棋士中倉彰子監修の「はじめての将棋手引帖」も好評発売中です!)

将棋の魅力をよりたくさんの子どもに知ってもらうには、男の子はもちろん、やっぱり女の子にも楽しく、そして継続してできるものじゃなくてはダメですよね(^ ^)

1. 無理に対局をさせない。

対局を嫌がるときは詰将棋などに切り替えを
対局を嫌がるときは詰将棋などに切り替えを

将棋をするときに女の子の特徴として現れやすいのが、「対局を嫌がる」という点です。

もちろん対局をしないと、将棋の腕が上がらないというのはあるのですが、女の子の場合、対局で負けちゃったときに男の子よりも少し落ち込みやすい傾向にあるように思います。こんなときに「練習だから」と無理に対局をさせてしまうと、どうしても心が折れやすくなってしまいます。

そこで、私の場合、女の子が落ち込んでいるなと思ったときは、詰将棋の問題をやってもらうようにしています。過去のいつつブログでも何度か書いたのですが、詰将棋には、問題を解くたびに達成感を得られるといういいところがあります。

問題が一つ終わるたびにはんこを押してあげるなどの工夫をすることで、さらに「私もちゃんと成長してる」と感じてくれます(^ ^)

ちなみに、女の子の中にも好んで対局をしたがる子はいます。その子には男の子と同じようにどんどん対局をさせてあげてください。

2. 対局をするときは違う世代を相手に

対局相手には違う世代を
対局相手には違う世代を

「対局を嫌がる」という女の子の特徴をさらに細かく見ると、「特に友だちどうしでの対局を嫌がる」というポイントが出てきます。

女の子というのは、友だちどうし互いにライバルとなり、競うことで高め合いたいというよりは、同じ悩みや喜びを友だちと分かちあいたいと思う傾向があります。

これは、私の将棋の恩師である岡本先生が言っていたことなのですが、日本の伝統文化の中でも女性に茶道や華道が人気なのは、横のつながりでの争いがないからではないかなとおっしゃっていました。

とはいえ、将棋をする上で対局は避けられません。

そこで岡本先生は、府中市で女性5人の将棋チームを編成しているのですが、対局の相手には、必ずチーム外の人を選び、チーム内での対局は意識的に避けているそうです。

ちなみに私も将棋教室では、私自身が対局相手になったりなど、女の子の対局相手には、できるだけ世代の異なる相手を選ぶようにしています。

3. 教える場面を作ってあげる

女の子は教えるのが上手
女の子は教えるのが上手

私が子どもの将棋教室を担当していて思うことなのですが、「将棋を教える」という点においては、男の子より女の子の方が上手です。これはやっぱりおしゃべりで、お世話好きだからでしょうか(^ ^)

他にも、駒をきれいに片付けてくれたり、詰将棋のプリントがなくなりそうになると「もう直ぐプリントがなくなりそう」と報告してくれたりなど、とても気が利くのが女の子です。

なので、私はついつい女の子を頼って「あの子に将棋を教えてあげて」「駒を片付けてもらっていい?」などお手伝いをお願いすることがあります。

そして、私がこの時大切にしているのが、ちゃんと将棋を教えてくれたことや駒を片付けてくれたことに対して「ありがとう」ということと「よくできたね」と褒めてあげることです。

子どもたちの将棋に対するモチベーションを維持するのは、何も対局の勝敗だけではありません。それぞれの子どもたちのいいところをちゃんと見つけてあげて、それを「ちゃんと見てますよ〜」と示してあげることが大切なんじゃないかなと思います(^ ^)

女の子と将棋を楽しむ際には、お洒落な布盤で楽しむのもいいですね〜♪

4. 将棋以外の話をする

将棋以外のお話をして緊張感をほぐしてあげてください。
将棋以外のお話をして緊張感をほぐしてあげてください。

冒頭の方でも少し触れているのですが、少しずつ増えているとはいえ将棋教室や道場では、男の子の数に比べてやっぱりまだまだ女の子の数は少ないといえます。

そのため、将棋教室に来ても女の子は緊張気味なことが多いように思います。

そこで私は、将棋教室が始まる前の時間などを利用して、よくアイスブレーク的な感じで女の子と雑談をするようにしています。

内容は学校の部活動についての話や、運動会の種目についてなど将棋以外の他愛のないものです。本来女の子はおしゃべり好きなので、雑談をすることで緊張がほぐれ、そのままリラックスした状態で将棋教室の講座に入っていけるようになります。

5.団体戦の大会をオススメする

過去のいつつブログで、子どもの将棋に対するモチベーションを維持するためには、子ども向けの将棋大会に出場するのがいいというお話をさせていただきました。

しかし、大会に出場することについても男の子と女の子では少し違いがあるようで、女の子の場合は「他の子に勝ちたい」というより「負けるの嫌だな〜」と感じる傾向が強いように思います。

そこで私が女の子たちにオススメしているのがチームで戦う団体戦です。実際大人になっても女性の場合は5人1チームで戦う団体戦(アパガード女子アマ団体戦)があるのですが、みんなお揃いのTシャツを着たり、将棋の駒をモチーフにしたヘアピンをつけていたりと対局以外でも将棋大会をとても楽しんでいます。

一人で戦うことはとても不安かもしれませんが、周りに自分の仲間がいると意識するだけで、不安が心強さに変わりますよね(^ ^)

さて今回は、女の子に将棋を教える時に私が心掛けていることをいくつか紹介させていただいたのですがいかがでしたでしょうか?

将棋は身体ではなく脳の体力が試されるゲーム。男の子も女の子も平等に腕を磨ける数少ないスポーツの一つだと思います。

なので、競技人口の中で女の子の割合が少ないというのは寂しく思います。

「一人でも多くの女の子に将棋の楽しさを知ってもらいたい」。

これからもそう思いながらいつつの活動に精進できればなぁと思っています。

*
このブログ記事で述べてきた、「とにかくちょっとずつ、つまずくポイントをなくす」ということを最大限考慮して制作した「はじめての将棋手引帖」が完成しました!

おしゃれでかわいい挿絵を挿入して、女の子でも自然に親しめる作りになっています。
将棋をはじめて習ってみたい!とお考えの方にオススメの、プロ女流棋士中倉彰子監修の「入門セット」も販売中ですよ〜!

「いいね!」で
楽しい将棋情報が!

Twitter で「いつつ」を

次回の更新は…

いつつオリジナル手合カード」を予定しています。お楽しみに! (※変更になる場合もございます)

ぜひ、いつつのFacebookページTwitterFeedlyで更新情報をお受取りください!