Now Loading

あきこ先生の“はじめての将棋教室” ステップ1-2 駒の種類

将棋教室2回目の今日は、駒の種類がどのくらいあるのかを知ってもらいます。今回から、将棋の盤と駒を出してみると、よりわかりやすいかもしれません(^ ^)

前のステップ→

あきこ先生の“はじめての将棋教室” ステップ1-1あいさつ
こんにちは。あきこ先生こと、女流棋士の中倉彰子です。今日から毎週金曜日、子どものための“はじめての将棋教室”をいつつブログで公開していきま...

さて、将棋の駒、たくさんあるようにみえますね〜。この駒の動かし方を全部覚えないといけない!と思うと、ちょっと大変そうに思うかもしれません。でも種類に分けて、少しづつ覚えていけば大丈夫ですよ。さて何種類あるでしょう?

駒の種類
駒の種類

ちなみに、写真では二文字駒(玉将、金将など、駒の文字が二文字でかかれたもの)を使用してますが、将棋を始めたばかり、特に、まだ漢字を習っていないという小さなお子さんには、一文字駒や、駒に動かし方が示された入門駒の方が覚えやすいかもしれません。ただ、将棋教室に通ったり、大会に出場するなど、上達するにつれいずれ二文字駒に慣れなくてはいけないようになります。

はい。全部で8種類あります。

玉(ぎょく)・飛(ひ)・角(かく)・金(きん)・銀(ぎん)・桂(けい)・香(きょう)・歩(ふ)です。玉が自分自身だと考えるとわかりやすいと思います。先に玉を取られてしまっては負けです。

7種類の駒で、自分の玉を守ったり、相手の玉をつかまえようとするのが将棋です。それぞれ個性的な動きをして、どれも必要な駒です。個性的な駒をうまく活用することによって局面を良い方向に持っていくことができます。 さて、まずぜんぶ表にして種類別にわけてみましょう。

将棋の駒、種類わけ
将棋の駒、種類わけ

はい。じょうずにわけることができましたね。 さて、一番多い駒はなんでしょうか。 …「歩」という駒ですね。この駒は前に一歩しか進めないので動きの小さい駒ですが、たくさんあるので、いろいろな使い方ができるのです。歩はこんな風に1歩ずつ前に進むんですよ。 スクリーンショット 2016-01-25 22.52.33 次回ステップ1-3では、「玉」「金」「銀」の動きを学びます。この3種類以外は駒箱にしまってしまいましょう。

〜レッスン後〜

個性的な駒をうまく活用することによって局面を良い方向に持っていくことができるという話…、将棋も子育ても同じだなぁと思いながら聞きました。子どもの短所だと思える特徴でも、見方を変えて働きかけをかえたら、長所になったりしますよね。どんな個性もその子にとって必要なのかも…上手く良い方向に引き出してあげたいなぁと、将棋を学んで母も学んだ将棋レッスンでした〜。(ママ)

次のステップ→

あきこ先生の“はじめての将棋教室” ステップ1-3 駒の種類
今日のレッスンは駒の動かし方です。将棋の駒は全部で8種類あります。まずはその中でも一番重要な、「玉」(ぎょく)の動き方です。「王様」「王...

はじめての将棋手引帖が完成しました!

あきこ先生が作成した「はじめての将棋手引帖」が完成しました!将棋がまったく初めての方から始められる、解説と練習が一緒になった楽しい教材です。毎日のレッスンにあきこ先生の丁寧な動画解説がついていますよ。ぜひご確認くださいね。 詳しい商品説明はこちら! 株式会社いつつの無料メールマガジンでは、3児のママであり、プロ女流棋士である中倉が日々の子育てで生かせる情報を発信しております。是非ともご登録ください。

いつつのメールマガジンに登録しませんか?
株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

「いいね!」で
楽しい将棋情報が!

Twitter で「いつつ」を

次回の更新は…

ママも一緒に考える −プロ女流棋士中倉彰子 子育てブログ」を予定しています。お楽しみに! (※変更になる場合もございます)

ぜひ、いつつのFacebookページTwitterFeedlyで更新情報をお受取りください!