Now Loading

あきこ先生の”はじめての将棋教室”ステップ3-1二文字駒

あきこ先生の”はじめての将棋教室”いつつブログで公開中!

初めての方も本将棋が指せるようになります。ステップは全部で3つ。(1ステップ:約10レッスン)ステップ3では、指すための基本となるテクニックを学びます☆

前のステップはこちら→

あきこ先生の”はじめての将棋教室”ステップ2-8駒の並べ方
前のステップはこちら→ 前回までは、基本的なルールのお話をしてきました。今回は、駒の並べ方を学びますよ。9×9マスの盤に40枚の駒を並べると、全...

ステップ3-1二文字駒

今日からステップ3が始まります。ステップ1と2では、将棋の簡単なルールや動かし方を学びましたね。ステップ3では、もう少し本将棋を楽しめるようになるために、指すための基本となるテクニックを学んでいきます。

第1回目の今日は、少しだけ指すことから離れて将棋の駒のお話しです。みなさんが使っている駒のおもて面の文字は一文字ですか?二文字ですか?動かし方のマークがついているような入門駒を使っている場合は一文字駒かもしれませんね。ちなみに、あきこ先生の“はじめての将棋教室”で説明を行うとき、基本的には一文字駒のイラストを使用しています。その方が文字が大きくて見やすいからです。多分同じ理由で、テレビの将棋対局でも一文字駒が使われていますよ。観戦している人の見やすさを考えているんですね。

ただ、一般的には二文字の将棋駒が主流です。将棋大会や将棋道場、教室などでも二文字駒が使用されることがほとんどだと思います。そして裏返った時の成駒には「くずし字」が使われています。まず二文字駒の表と裏を見てみましょう。

二文字駒とその成駒
二文字駒とその成駒

銀・桂・香は、成ると「金」と同じ動きになります。そのため、全て「金」をくずしたものになっています。香の成駒は、まっすぐ進む香車らしく長細い感じになっていますね。銀→桂→香の順に金の文字がくずれていっていますので、気をつけて見てみてください。

成駒くずし字
成駒くずし字

先ほどお話ししたように、将棋大会では二文字駒が使われています。裏がくずし字になっていますので、見たことも使ったこともない…という場合は困ってしまうかもしれません。入門駒しか使ったことがなくて、初めて大会や道場に行こう!と思った時には、前もって二文字駒とその成駒に慣れておくとよいでしょう。「飛車・角の成駒」「銀・桂・香の成駒」がややこしいので区別がつけられるようにしましょうね。

余談ですが、かおりちゃんから「何で歩がひっくり返ると「と」なのですか?」という質問を受けました。なかなか難しい質問ですね。有名な説としては、最初は「金」と書いていたのが、「金」の崩し字の代用として同じ音の「今」という漢字を駒師が書いているうちに、「今」を崩した字が「と」に見えるようになったので、歩の裏だけ「と金」と呼ぶようになったのではないか、ということです。ただ、諸説あるそうですので、興味があれば調べてみてくださいね。

二文字駒で将棋
二文字駒で将棋

〜レッスン後〜

くずし字は大人がみても難しいですよね。我が家には、動かし方の書いてある入門用駒しかないので、最初は見慣れなかったようです。大会に出ることになった時に、とにかく成駒の見分けだけは練習していきましたよ。もともと将棋の駒の漢字自体、ちゃんと読めているわけではないので、子ども達にとってはくずしてあってもなくても、形で覚えることに大差は無かったようです。今ではすっかり「金」の方の見分けは大丈夫…と思ったら、こっそり「龍馬」をひっくりかえして「角だった…」と確認…。あれ?そちらはあやしいようです〜。

「いいね!」で
楽しい将棋情報が!

Twitter で「いつつ」を

次回の更新は…

ママも一緒に考える −プロ女流棋士中倉彰子 子育てブログ」を予定しています。お楽しみに! (※変更になる場合もございます)

ぜひ、いつつのFacebookページTwitterFeedlyで更新情報をお受取りください!