Now Loading

諦めない!成長したね。

前回、シン(6つ)が「子ども大会に出る!」と宣言してからの続き。その後、小学生名人戦の多摩地区予選に申し込みをしました。大会に参加するとなると、私もちょっとやる気になり、シンとも将棋を指す回数が増えました。シンも将棋アプリ等で指し、毎日一喜一憂しています。

負けても最後まで頑張る姿に子どもの成長を実感。
負けても最後まで頑張る姿に子どもの成長を実感。

さて、迎えた当日。会場前でシンの前を通り過ぎるお兄ちゃん達。「あーなんか強そう、どうしよう。勝てるかなぁ。」見る人すべてが強そうに見えるようで、不安がるシン。ちょっと微笑ましい(笑)。

大会は、名人クラスと、交流戦A、Bに分かれ、シンは級位者の集まるAに参加。入賞者には賞品が出ますが、中でもシンはトロフィーが気になっているようです。参加者が奇数だったため、1局目はシンが待つことに。相手のいない席に不安そうにポツンと座るシン。その後、ウッカリ私が隣の名人クラスの観戦に行ってしまい、しばらくして戻ってみると、シンが目に涙を溜めています。「ママ、なんでどっかいっちゃたの!」まずい。対局前に精神を乱してしまった(笑)。

会場には審判長の中村太地六段と、増田康宏新人王の姿が。プロ棋士の来場に、みんな「わ〜」という憧れの視線。プロの存在って、子ども達に夢を与えるんだなーと思いました。シンの1回戦の相手は、5年生の男の子。扇子を手に持ち、いかにも強そうです。遠目には、シンが相手陣地に手を伸ばしているので「お、攻めているのかな?」なんて思いましたが、その後あっさり負け。3連敗したところで、もうイヤになっていないかと心配になり「もう帰る?」と聞くと「ダメだよ。5回やるよ。」そして、トロフィーや賞品が並ぶ机の所に行って「まだあと2回勝てば、これもらえる?」と聞いてきます。(もうトロフィーはもらえないけど・・)「頑張ったらママ賞がもらえるよ。」と、その場を凌ぎました。

お昼休みに食事をとって早めに会場に戻ると、子ども達が練習将棋を指しています。一人のお兄ちゃんにシンとの対戦を頼んでみると「いいですよ。」と言って指してくれました。シンも嬉しそう。終わったらもう一局、という感じで、4局くらい指してもらったでしょうか。シンはそのお兄ちゃんから「じゃあ。がんばってね」と応援され午後の対局に向かいました。しかし、善戦空しくその後も連敗。最後の対局を終えると、早く会場から出たがるシン。

「くやしかったね。」と言うと「くやしいに決まってるじゃん!」と私に当たってきます。約束していたママ賞のご褒美をコンビニで買ってあげて、その後、パパに報告の電話。

パパ「シン。勝ち負けなんて気にしなくていいんだぞ。よく諦めないで5回指したよ。偉かったな。」シンの目から涙がポロポロこぼれました。私もうるっ。

子どもの切り替えは早いもので、その後すぐに、買ってもらったオモチャの箱を開けてニッコリ。「ママ、早く家に帰って24(ネット将棋)しよう!」の言葉に、負けて将棋をイヤにならなくて良かったとホッとしました。家に帰るとお姉ちゃん達に「こんな風にシンが指したら、相手はこんな風にきたんだよー。」と解説していました。甘えん坊のシンの、ちょっと成長した姿が嬉しかったです。

この記事は、東京新聞にて中倉彰子が連載している「子育て日記」と同じ内容のものを掲載しております。
:『東京新聞』2016年12月16日 朝刊

いつつでは、他にも子どもの将棋大会に関する記事があります

これで大丈夫!初めて将棋大会に参加する前に準備したこと5つ | 株式会社いつつ
初めて子ども将棋大会に参加する!と決まったら、楽しみな反面、不安なこともありますよね。今回のブログでは、初めて将棋大会に出る!というお子さ...
子どもが初めて将棋大会に出るときに持つべき5つ
「明確な目標を立てること」は、何かを達成するうえで非常に大切なプロセスです。子どもの頃の勉強や習い事はもちろんのこと、大人になって働くよ...

将棋大会に参加したいというお子さんには、二文字駒での練習をオススメします(^ ^)

「いいね!」で
楽しい将棋情報が!

Twitter で「いつつ」を

次回の更新は…

ママも一緒に考える −プロ女流棋士中倉彰子 子育てブログ」を予定しています。お楽しみに! (※変更になる場合もございます)

ぜひ、いつつのFacebookページTwitterFeedlyで更新情報をお受取りください!