Now Loading

将棋を始めたばかりの子どもたちの褒めポイント5つ

子どもたちの才能を開花させるには、「褒めて伸ばす」ということが、時には大切になるかと思うのですが、将棋もまた同じです(^ ^)(ちなみに私も褒められて伸びるタイプです、笑)

しかし、将棋で褒めるとなると、白黒はっきりつく競技だけあって、どうしても「勝った」「負けた」の結果にだけ目がいってしまいがちです。過去のいつつブログでもお話したことがあるのですが、将棋を始めたばかりの子どもたちにとっては、勝敗がつくまで将棋を指し続けるということ自体ひと苦労なお話。ですので、対局の白黒だけで判断されてしまっては、子どもたちはなかなか将棋で褒めてもらえる機会を得ることができません。

そこで今回のいつつブログでは、将棋をはじめたばかり(駒の動かし方や基本的なルールをマスターして対局ができるようになった)の子どもたちの褒めポイントについて紹介したいと思います。

肝心なのは、対局の結果ではなく1局の過程に着目すること。将棋の対局はたった1局といえども、序盤・中盤・終盤と3つの状況があり非常に長いものになります。要所要所で小さな目標を立ててそれがクリアできたら、ちゃんと「よくできたね(^ ^)」「がんばったね( ´ ▽ ` )ノ」と子どもたちを褒めてあげるようにしましょう。

1.駒をきれいに並べられたね

お子さんにとって、小さな駒をきちんとマス目に入れるのは難しい。
お子さんにとって、小さな駒をきちんとマス目に入れるのは難しい。

子ども用に製作された少し大き目の駒はともかく、一般的に使用される将棋の駒の、特に歩なんかは、大人でも(特に私のように不器用な人には(^_^;))とっても扱いにくいです。ですので、子どもたちが、その小さな駒をちゃんとマス目の中に入れて綺麗に並べているということは、それだけ子どもたちが日頃から駒を使ってちゃんと練習している証です。盤のマス目の中に駒をちゃんと並べられたら、まずは「駒をきれいに並べられたね」と声をかけてあげるといいと思います。

ちなみに、この「盤のマス目の中に駒をちゃんと並べる」という行為は、将棋の礼儀作法的にもとてもマナーがいいと言えます。
なぜなら、将棋は、完全情報公開制のゲーム。駒の指す方向が分かりづらかったり、駒がマスとマスの境目をブリッジしていると相手にとってどの駒がどの場所にいるのか把握しにくいですが、きっちりマスの中に収まっているとそれが一目瞭然、とてもフェアな姿勢で対局に臨んでいるといえます。

2.駒を取ることができたね

特に歩以外の駒を取れるのはスゴいこと。
特に歩以外の駒を取れるのはスゴいこと。

冒頭でも申し上げたように、将棋は序盤・中盤・終盤の3つの状況からなります。序盤とは、戦いに備えた準備期間のようなもので、自分の王様を守るためのお城を作ったり(将棋用語でこのお城のことを囲いといいます)、敵陣を攻めるための準備をします。

次に中盤についてですが、この状況は「いざ開戦!」という段階。自分の駒と相手の駒がぶつかり合い出します。そして、「駒を取れた」というのは、この中盤まで対局を進められたということです。将棋の目的は駒を集めることではなく、あくまで相手の玉を詰ますことではあるのですが、たくさんの駒を取った方が有利に対局を進められるのも事実です。子どもたちが相手の駒を取れたら「よく駒を取れたね」と言ってあげましょう。

ちなみに、この「よく駒を取れたね」は「歩が取れたね」と「歩以外の駒が取れたね」の2段階に分けてあげてもいいかと思います。なぜなら、歩は数が多い上に、最前線にいるので、比較的取りやすく、歩以外の駒は、基本的に歩の壁を突破しないと取れないので、同じ「取る」でも難易度が異なるからです。

3.成れたね

成れるのは相手の陣地まで進出した証
成れるのは相手の陣地まで進出した証

将棋用語で「成る」とは、自分の駒が敵陣(先手側なら六段〜九段、後手側なら一段〜三段)に侵入した時に、裏返ってパワーアップすることを指します。

つまり、成れたということは、敵陣まで進出できたということです。1度将棋を指してみると分かるのですが、自分の駒を相手にとられるというのはとっても嫌なこと。どんどん前に進みたい気持ちはあるのですが、自分の駒が取られてしまいそうで、なかなか勇気を持って進めません。

それを敵陣まで進むなんてアッパレです( ´ ▽ ` )

パワーアップできたことも含めて「成れるなんてスゴい!」と驚きの表情を子どもたちに見せてあげてください。

4.王手をかけることができたね

王手をかける終盤までこれば、あと一息。
王手をかける終盤までこれば、あと一息。

2番の「駒を取れたね」のところでは、1局の流れの序盤・中盤について説明させていただきましたが、この「王手をかける」は、最後の終盤の段階です。

駒がぶつかり出す中盤戦においては、主に相手の駒を取ることに着目しながら対局を進めていきますが、終盤になると、王手をかけたり、相手の玉を詰ますために、中盤で取ってきた駒を、どんどん盤面に投入しなくてはなりません。

そしてこの取った駒を再び盤面に投入するというのは、対局にまだ慣れていない子どもたちにとって、「ほんとにここでいいのかな?」「もし間違えたところに打ったらどうしよう」と、3番で出てきた「グイグイ前に進むこと」以上に不安になってしまうことです。

つまり、「王手をかけることができた」「相手の玉を詰ますことができた」というのは、子どもたちがこうした不安を克服し、しかも正しい場所にちゃんと駒を打てたということです(^ ^)

5.最後まで指せたね

長い1局が指せたら、お疲れ様の意味も込めて「よくがんばったね」と伝えてあげてください(^ ^)
長い1局が指せたら、お疲れ様の意味も込めて「よくがんばったね」と伝えてあげてください(^ ^)

冒頭でも述べましたが、将棋の1局というのは、とても長いものです。なぜなら1局の中に1番〜4番にあるような色んなハードルがあり、1局を無事に終えるには、それらを乗り越えていく必要があるからです。

結果的に勝ったとしても負けたとしても、これらのハードルに最後まで向かい合ったことに、「お疲れ様でしたm(_ _)m」の意を込めて「よく最後まで指せたね」と笑顔で伝えてあげましょう。

さて、今回は将棋をはじめたばかりの子どもたちの褒めポイントについていくつかまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

子どもたちにとって、ママやパパにたくさん褒めてもらうことは、「対局に勝つ」こと以上のモチベーションになりうると思います。

まだ、将棋をはじめたばかりだと、子どもたちがちゃんと将棋を好きになってくれるのか、将棋を続けてくれるのか心配になるかと思うのですが、そんな時はとりあえず、色んなところをいっぱい褒めてあげると、少しでも効果があるかもしれません(^ ^)

他にも、いつつブログでは、将棋のサポートについての記事がいっぱいあります。

不安な気持ちを楽しみに転換してあげることがポイントママ女流棋士中倉彰子が実践する、将棋大会のときに子どもの緊張をほぐす5つの工夫 | 株式会社いつつ
子どもたちの将棋に対するモチベーションを維持するためにも、いつつでは、子ども将棋大会に参加することをおすすめしています。 … 続きを...

並べ方を完璧にこれで大丈夫!初めて将棋大会に参加する前に準備したこと5つ | 株式会社いつつ
初めて子ども将棋大会に参加する!と決まったら、楽しみな反面、不安なこともありますよね。今回のブログでは、初めて将棋大会に出る!というお子さ...

将棋を始めたくなったらいつつぼしセレクション

「いいね!」で
楽しい将棋情報が!

Twitter で「いつつ」を

次回の更新は…

いつつオリジナル手合カード」を予定しています。お楽しみに! (※変更になる場合もございます)

ぜひ、いつつのFacebookページTwitterFeedlyで更新情報をお受取りください!