いつつブログ

ブログ
カテゴリ

将棋を楽しむ
みんなで新しい駒を考えてみよう
2019/01/04
今年の11月17日、将棋の日の特別企画として「新しい駒作っちゃお」キャンペーンを実施しました。いつつのメールマガジンなどで読者の皆さまに募集をかけたところ、色んな面白い駒が集まったので、ここでいくつか紹介したいと思います
金本 奈絵
将棋を楽しむ
黒田官兵衛ゆかりの地に広がる圧巻の景色〜人間将棋姫路の陣〜
2018/12/21
晴天に向かってそびえ立つ真っ白な城郭の麓で、我が陣地を守らんと自分の持ち場でどっしり構える甲冑を着た40人の鎧武者たち。今年で第4回を迎える人間将棋姫路の陣は、今や全国各地で開催される人間将棋の中でも屈指の迫力ある情景を
金本 奈絵
全国将棋道場巡り
将棋に魅了され未経験から将棋教室の席主へ〜大逆転将棋倶楽部〜
2018/12/20
女流棋士中倉彰子が津々浦々、全国の将棋教室・将棋道場を巡る「全国将棋道場巡り」、今回はいつつのスタッフが兵庫県姫路市にある大逆転将棋倶楽部を訪れました。お話をうかがったのは席主を務める冲中尚平さん(以下冲中さん)。将棋教
金本 奈絵
将棋を楽しむ
今の時代だからこそ顔の見えるコミュニケーションを〜駒の時間〜
2018/12/18
インターネットやスマートフォン、目まぐるしい勢いで日々デジタル化が進む昨今、大人も子どもも、対人でのやりとりが滅法少なくなってしまいました。そして近年、そんな希薄化する人間関係のアンチテーゼのように俄かにブームになってい
金本 奈絵
将棋を楽しむ
歴史を染める印染〜3代続く京の老舗染物店スギシタ
2018/12/12
日本全国津々浦々、日本伝統文化の匠の技をご紹介する「日本伝統文化のいつつ星を探して」シリーズ。今回はいつつの布製将棋盤「どこたま(どこでも将棋、たまには風呂敷)」の制作にご協力してくれた、スギシタ有限会社(京都府京都市)
金本 奈絵
将棋を楽しむ
将棋を通じて伝統文化の魅力を子どもたちに〜大阪府高槻市の取り組み〜
2018/11/02
2018年9月19日、日本の自治体ではじめて日本将棋連盟と包括連携協定を結んだ大阪府高槻市。 今回のいつつブログでは、高槻市における「将棋のまちづくり」について、高槻市市民生活部文化スポーツ振興課副主幹中谷太一さんおよび
金本 奈絵
全国将棋道場巡り
放課後の子どもたちがふらっと立ち寄れる将棋教室〜こども将棋教室ポポ〜
2018/10/31
JR茨木駅から徒歩5分。駅前商店街の中に佇むビルのテナントの入り口に可愛いロゴを掲げた一室があります。「こども将棋教室ポポ」は女性席主諏訪景子さん(以下諏訪さん)が営むアットホームな将棋教室。 全国津々浦々、女流棋士の中
金本 奈絵
将棋を楽しむ
将棋やっててよかった5人の証言 〜いつつ将棋教室講師編〜
2018/10/21
これまで、いつつスタッフ編、ノンジャンル編とやってきた「将棋やっててよかった5人の証言シリーズ」、お陰様で、東京府中校・神戸元町校ともに、たくさんの生徒さんに通っていただき、それに伴い先生の人数も増えたので、今回はいつつ
金本 奈絵
将棋を学ぶ
将棋教室の子どもたちの変化に見る、将棋を指すとこんなに集中力が身につく!
2018/09/11
「なんだか集中力が身に付きそうだ」。将棋に対して、こんなイメージをお持ちの親ごさんはたくさんいらっしゃることかと思います。 しかしながら、子どもたちが将棋をすることで、どんなふうに集中力が身に付くのかということまではイマ
金本 奈絵
将棋を学ぶ
作者が語る「はじめての将棋手引帖 3巻」制作裏話
2018/05/25
将棋にはじめて触れる子どもたちの「分からない」を追求した「はじめての将棋手引帖シリーズ」第3弾がついに発売になりました。 今回は手引帖3巻の発売を記念し、同シリーズの作者である女流棋士の中倉彰子と、3巻の途中より制作に加
金本 奈絵

いつつへのお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝