はじめての将棋教室

2016年7月11日

【はじめての将棋教室】あきこ先生の駒落ち対局実戦-6枚落ち編-

みなさんこんにちは。女流棋士の中倉彰子です。

本日は「はじめての将棋教室番外編」として、「あきこ先生の駒落ち対局実戦」を行います。私、あきこ先生と生徒Tさんとの間での6枚落ち指導対局の様子を実際に見ていきますよ〜。

生徒Tさんの棋力は、8級くらい。これから続いていく「はじめての将棋教室」を読んでもらえれば、この記事の意味もしっかり理解できるようになりますよ〜

こんにちは。あきこ先生こと、女流棋士の中倉彰子です。今日から毎週金曜日、子どものための“はじめての将棋教室”をいつつブログで公開していきま...

今回は、初級者向けの将棋勉強法についてかいてみたいと思っています〜。「どうしたら将棋が強くなりますか?」とはよく聞かれる質問です。「棋譜...

よく「本を読むことは将棋上達のひとつの手法である」といわれますが、将棋に関連する本ってどれも難しそうで、どれから読んでいけばいいのか分か...

生徒Tさん、今回の対局では生徒目線の疑問をどんどんぶつけてくださいね。

△上手: 彰子先生
▲下手: 生徒Tさん

*
6枚落ち対局は、生徒Tさんの勝利に終わりました。

以前、将棋は棋力の差があっても本気で対戦することができるゲームだ、とお伝えしました。生徒Tさんとの対局では、まさに真剣勝負が繰り広げられたように感じています。

次は生徒Tさんと4枚落ちで対局したいと思います!こちらもお楽しみに。

駒落ち対局実戦は、いつつのfacebookで、先に公開していく予定です。facebookにもいいね!よろしくお願いいたします。
いつつfacebookはこちら!

はじめての将棋手引帖が完成しました!

あきこ先生が作成した「はじめての将棋手引帖」が完成しました!将棋がまったく初めての方から始められる、解説と練習が一緒になった楽しい教材です。毎日のレッスンにあきこ先生の丁寧な動画解説がついていますよ。ぜひご確認くださいね。

詳しい商品説明はこちら!

この記事の執筆者中倉 彰子

中倉彰子 女流棋士。 6歳の頃に父に将棋を教わり始める。女流アマ名人戦連覇後、堀口弘治七段門下へ入門。高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。2年後妹の中倉宏美も女流棋士になり初の姉妹女流棋士となる。NHK杯将棋トーナメントなど、テレビ番組の司会や聞き手、イベントなどでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、東京新聞中日新聞にて「子育て日記」リレーエッセイを2018年まで執筆。2015年10月株式会社いつつを設立。子ども将棋教室のプロデュース・親子向け将棋イベントの開催、各地で講演活動など幅広く活動する。将棋入門ドリル「はじめての将棋手引帖5巻シリーズ」を制作。将棋の絵本「しょうぎのくにのだいぼうけん(講談社)」や「脳がぐんぐん成長する将棋パズル(総合法令出版)」「はじめての将棋ナビ(講談社)」(2019年5月発売予定)を出版。

いつつへのお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝