Now Loading

子ども向け対局きろくカード(和紙素材) 8枚入り

手合いとは、囲碁や将棋における対局の記録のようなもので、「誰と対局をしたのか」「どのような手合い(ハンディキャップ)だったのか」「対局の結果がどうだったのか」などを記録を残します。

通常手合いカードは、上質紙に枠線だけが書かれたシンプルなものを使用することが多いのですが、子どもたちがどんどん将棋の対局をしたくなるような楽しい工夫を盛り込み、いつつオリジナルの対局きろくカードとして生まれ変わりました。

まず、いつつの対局きろくカードには、可愛い動物のキャラクターが描かれています。対局というのは、一人で臨むもの。既に慣れているお子さんならまだしも、まだ将棋に慣れていないと対局をすること自体が不安ですよね。

しかし、対局きろくカードにイラストが付いていることで、そのキャラクターに「がんばって( ´ ▽ ` )ノ」と応援してもらっているような気持ちになります。

また、このカードの用紙には、上質紙ではなく、日本の素材である和紙を使用しています。そのことによりこれまでの手合いカードにはなかった優しい風合いと独特の手触りを実現しており、日ごろから子どもたちにこの対局きろくカードに触れてもらうことで感性を豊かにします。

さらに、いつつオリジナルの手合いカードは将棋以外の様々なシーンでも活躍します。例えば、お子さんがお手伝いや、宿題をちゃんとすれば手合いkカードにお手伝いの項目や宿題の科目などを書いて、はなまるをつけてあげたりやシールを貼ったりしてあげるといいかもしれません(^ ^)

らいおん、くま、うま、とり、および、4種入りの全5種類よりお選び頂けます。両面印刷で1枚当たり24局分の対局の結果が記載できます。

「いいね!」で
楽しい将棋情報が!

Twitter で「いつつ」を