お買い物カート

将棋のほん

はじめての将棋手引帖2巻

駒の動かし方とルールを覚えたその後に

1,620円(税込)

商品番号:126776126

ご利用ガイド

商品紹介

はじめて将棋に触れるという将棋初心者の子どもたちでも、無理なく楽しく将棋を身に付けることができる将棋の本「はじめての将棋手引帖」シリーズ。

「はじめての将棋手引帖1巻」では、将棋の基本的なルールや将棋駒の動かし方などについて触れましたが、2巻では「将棋を指すための基本的なテクニックを身につける」をテーマに学習を進めます。

将棋を覚える上で、意外につまずきやすいのが、将棋の基本的なルールと将棋駒の動かし方を覚えた後のステップです。いきなり戦法や手筋を覚えるのもなんだか大変そうだし、かといって、将棋駒が指せるようになったのはいいものの、何を考えて指せばいいのか分からない、いつまでたっても対局が終わらない、というのが将棋初心者のあるあるだと思います。

「はじめての将棋手引帖2巻」は、このような将棋初心者の子どもたちのお悩みを解決する将棋の本です。例えば、将棋は駒を交換しながら進めること、駒の種類にはそれぞれの価値があること、どんなふうに王手をするのがいいかや、どんな目的で持駒を使うと良いかなど、将棋初心者でも取り組みやすい将棋の基本的なテクニックを紹介しています。

また、「打ち歩詰め」などの細い将棋のルールや、2文字駒(将棋大会や将棋教室・道場で使用される)についても触れているので、この本を終えたら「子ども将棋大会」に参加するという目標を立てることもでき、将棋初心者の子どもたちのモチベーション維持にも役立ちます。

初心者向けの将棋の本「はじめての将棋手引帖2巻」では、将棋教室や将棋大会で使用される、二文字駒に慣れるための単元もあります。
初心者向けの将棋の本「はじめての将棋手引帖2巻」では、将棋教室や将棋大会で使用される、二文字駒に慣れるための単元もあります。
手引き帖の2巻が終われば子ども将棋大会に参加することも可能です。

はじめての将棋手引き帖とは

『はじめての将棋手引帖』シリーズは女流棋士中倉彰子が「はじめて将棋に触れる」という子どもたちのために制作した初心者向けの将棋の本です。全5巻からなる同シリーズでは、将棋駒の動かし方や将棋のルールを覚えて将棋が指せるようになるだけではなく、駒の特性や将棋の戦法、テクニックなどを身につけることで、将棋初心者の子どもたちでも、将棋本来の楽しさである「考えて指す」ができるようになることを目指します。

初心者向け将棋の本『はじめての将棋手引帖』5つのポイント

1.1日約15分のスモールステップ

はじめての将棋手引帖は、将棋初心者の子どもたちでも、無理なく楽しく将棋が指せるようになることを目指しています。そのため、1日の学習内容は多くを詰め込むのではなく、解説と問題各々1ページずつからなる約15分程度のスモールステップ30日分で構成されています。確実な1歩を積み重ねることで、着実に将棋について学べるようになっています。

2.毎日の動画レッスン

「百聞は一見にしかず」と言いますが、将棋においても文字で読むよりも、実際の駒の動きを目で見た方が分かりやすいことがたくさんあります。そこで、初心者向け将棋の本「はじめての将棋手引帖」シリーズでは全巻、各解説ページに添付されたQRコードを読み込むことで、本書の制作者である女流棋士中倉彰子による動画レッスンを再生することができす。

※注意 解説ページの右上にQRコードがついています。そこを読みとって動画をご覧いただけます。なお、DVD等が付属しているわけではありません。お客さまの環境によっては、利用できない場合がございますので予めご了承ください。

文章で分かりにくいところは動画で学ぼう!
文章で分かりにくいところは動画で学ぼう!

3.事前テストでの子どもたちの反応を反映

初心者向け将棋の本「はじめての将棋手引帖」シリーズでは、発売前に必ず未就学児(年中)〜小学校低学年生を対象に事前テストを実施しています。テストで出た子どもたち、や親御さんからのフィードバックを何度も反映しながら、将棋初心者の子どもたちにとってよりわかりやすいコンテンツをお届けしています。

4.将棋に詳しくないママも安心。「おうちのかたへ」

まだ小さい子どもたちに何かを教えるという場面では、まずはママ(パパ)が先に内容を理解して、それから子どもたちに分かりやすく伝えるということが多いと思います。

そこで、初心者向け将棋の本「はじめての将棋手引帖」シリーズでは、各解説ページに「おうちのかたへ」というコーナーを設けて、将棋の教え方のワンポイントアドバイスを記載しています。「私自身が将棋に詳しいわけじゃなから、子どもにちゃんと将棋を教える自信がないな」という方はぜひこちらを参考にしてみてください( ´∀`)

5.親子で楽しむ「考えてみよう」

将棋の楽しさの根源は主に「考える」ところにあります。

そこで、初心者向け将棋の本「はじめての将棋手引帖」シリーズでは、問題ページに「かんがえてみよう」というコーナーを設けて、例えば「1番大切なものは何かな?」など、将棋以外の考える問いかけを出題しています。

子どもたちが出した答えに対して、「なんでそれが大切なの?」とか「他にも大切なものはある?」とママやパパがサポートしてあげることで、子どもたちの考える力をより育み、さらに、楽しい親子の会話やコミュニケーションのきっかけになりますよね。

本来将棋とは一人で楽しむものではなく、相手がいて、しかも大人子ども関係なく楽しくコミュニケーションが取れるツールです。将棋以外の問いかけですが「、はじめての将棋手引帖」シリーズを通じて、親も子も、将棋の醍醐味である「考える」を味わっていただけます。

スペック

サイズA4サイズ
頁数72ページ
構成目次、達成シート、解説、問題、復習問題
学習内容将棋を指すためのテクニック(駒の価値、タダで取られない王手、詰みの基本)
対象者将棋初心者
種類サインあり、サインなし
※手引帖及び手引帖を含む商品をご購入の際は、女流棋士中倉彰子の「サインあり」「サインなし」がお選び頂けます。

お客様の声

まだお客様の声はありません