東京新聞「子育て日記」

2016年11月11日

将棋の始まりは他者への感謝 -プロ女流棋士中倉彰子 子育てブログ

以前に母校の法政大学の入学式で祝辞を述べる機会を頂いたのですが、そこで、お世話になったの大学の先生に久しぶりに会うことができました(^ ^)

当時の懐かしい話などをしていたのですが、その先生が有志の会で、親鸞の教えが書かれている「歎異抄(たんにしょう)」の読書会を開催してくれたことを今でも覚えています。

また、先生と最近の学生についての話題になったのですが、「他者の存在を考えることができない」学生が増えてきたように思う、とおっしゃっていました。そして私はその時、改めて「将棋はいいかもしれないな」と思いました。

将棋の対局は他者への感謝から始まります。
将棋の対局は他者への感謝から始まります。

なぜなら、将棋は、まず相手がいないと対局ができません。最初に「お願いします」とお互い一礼するのは「他者へ感謝です。」

また将棋は、1対1の勝負ですが、その中で、一方的に攻めてそのまま勝ちきるということはまずありません。

相手に「ここの部分は譲りますが、ここは頂きます」と、少しづつ駒得をして積み上げていきます。自分だけ良ければ、という自己主義だけでは、決して勝利にはむすびつきません。

話は変わって、私の生活についてです。ワーキングマザーにとって大変なのは、子供を風邪などの病気で、保育園を休せないといけない時ではないでしょうか。

朝の時間。まず保育園への欠席連絡。病院の予約。そして手帳とにらめっこをして、ここ数日の仕事がきちんとまわるかの調整。

「対局」など、もっとも大事な仕事のときは、主人に自宅での研究にしてもらって、万が一子供達が休んでも大丈夫のように設定しているのですが、対局以外で、代理がきかない仕事の場合は、育児を主人また、他の人に頼めるかを考えなくてはなりません。

元気な方の子どもの保育園の送迎は?などなど調整していきます。

実は先月、我が家も、流行のインフルエンザにかかってしまいました。最初は、末っ子のシン。そして次女のマキ、最後に長女のマイと下から順番に。

主人も体調が悪い様子だったのですが、やっぱり母は強し。私だけが、なんとか大丈夫でした。保育園の先生からも、「ママは大丈夫?」と心配してくれましたが、全員かかるわけにはいかないと気がはっていたのかもしれません(^_^;)

自宅にいる子ども達は、かかりはじめは、さすがにつらそうですが、回復すると、家にずっといるのに飽きてしまいます。

保育園では特に、この病気の場合は〇日休んでから登園。という規定があるので、回復し、元気なのですがずっと自宅にいないといけません。

「ねー、どこかに遊びに行きたい~。」「テレビみていい?」など。結局私が遊び相手をしていないとテレビ三昧になってしまいます。

そして、最後にかかった長女のマイもようやく学校に登校することができ、やれやれ、とひと息ついた時に、身体がぞくぞく。ほっとした瞬間に、今度は自分がかかってしまいました(^_^;)

そんなことで、半月はあっという間に過ぎて行きました。

*
この記事は、東京新聞にて中倉彰子が連載している「子育て日記」と同じ内容のものを掲載しております。
:『東京新聞』2014年4月18日 朝刊

他にもいつつブログでは、子育てに関する記事がたくさんあります。ご興味あれば、ぜひご一読ください。

子どもと仲良くなりたいパパへ。将棋を始めてイクメンになろう! | 株式会社いつつ
育児に積極的に参加するお父さんを「イクメン」と呼ぶようになって久しい昨今、私はこの「イクメン」に関してある1つの仮説を立てています。 それ...

無料ダウンロード開始!ぬり絵にこうさく、将棋を使って楽しく遊べるプリント | 株式会社いつつ
いつつHPから、将棋を使って楽しく遊べるプリントが無料ダウンロードできるようになりました(^ ^) 初回はぬりえ、こうさ … 続きを読む 無料...

株式会社いつつのメールマガジンでは、将棋など日本伝統文化を活かした子育てについての情報を無料で発信しております。是非ご登録ください。

いつつのメールマガジンに登録しませんか?
株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへのお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝