神戸新聞「随想」

2017年5月11日

「玉」を味わう時間なし

将棋は戦のゲーム。狙うは王将、つまり相手の大将の首だと思っている人が多いのではないでしょうか。しかし、将棋で狙うものは「相手の大将の首」ではありません。

駒は玉(王)、飛、角、金、銀、桂、香、歩の8種類。そのうち、「玉」は「ぎょく」と読み、宝物を意味します。その他も宝物を表している駒が多くあります。そして相手の1番光り輝く「宝玉」を先に取った方が勝ちとなる将棋は、実は「宝物のゲーム」といもわれます。

さて、かくいう私の職業は、将棋の女流棋士です。2015年3月に現役を退いて以降、同10月に、「子どもたちにもっと将棋や日本伝統文化の魅力を伝えたい!」と一念発起し、「いつつ」という会社を神戸に立ち上げました。しかし、幼い頃からずっと将棋だけを見てきた私。新しいステージでは右も左も分からないことだらけ。数々の未知の局面を、将棋で培った持ち前の「考える力」を生かして乗り越えようとするものの、現実は「読み通り!」とはいかず、毎日慌ただしい時間を過ごしています。

そして、仕事以上にもっとバタバタしてしまう時間は、家族と過ごす朝です。目下バレーボールに夢中の長女に、マイペースな次女、甘えん坊の末っ子長男と3人の子どもがいて、「早く起きなさ〜い」から始まり、朝食、着替え、歯磨きと時間との戦い。朝は子どもたちを笑顔で送り出したいと思っているのに、つい「早くしなさい!」と急かしてしまいます。こちらもなかなか「読み通り」には進みませんね。

どうやら今日も私の宝物たちは、朝食の「目玉焼き」の「玉」をゆっくり味わう時間はなさそうです(笑)。

大事な玉をゆっくり味わえない忙しい朝。
大事な玉をゆっくり味わえない忙しい朝。

*
この記事は、神戸新聞「随想」にて、中倉彰子が寄稿したものと同じ内容のものを掲載しております。
:『神戸新聞』2017年1月7日 夕刊

いつつには、他にも子育てに関する記事があります( ´ ▽ ` )ノ

育児に積極的に参加するお父さんを「イクメン」と呼ぶようになって久しい昨今、私はこの「イクメン」に関してある1つの仮説を立てています。 それ...

先日、2歳児と5歳児(しかも二人とも元気有り余る男子)を絶賛子育て中!のママ友と会いました。彼女は、毎日が慌ただしすぎて「こんな子育てした...

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへのお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝