神戸新聞「随想」

2017年5月19日

「飛」躍の2017年

2017年酉年。鳥といえば職業柄私はどうしても「飛車」の駒を思い出してしまいます。なぜなら、鳥は「飛ぶ」生き物だからです。昔の人も自由に空を飛ぶことに憧れていたのでしょう。

さて先日、明石市で親子向けの将棋イベントを開催しました。基本的なルールの解説やクイズ、簡単なゲームなどのコンテンツで構成されるのですが、盛りだくさんな企画の中でも、特に目玉となるのが「ホンモノ体験」のプログラムです。ホンモノ体験とは、会社で所有する、第74期名人戦第3局で当時名人だっった羽生善治王位と佐藤天彦現名人が実際に対局を行った盤駒を、子どもたちに使ってもらおうという企画です。プロ棋士の礼儀作法の話、日本の伝統工芸品として職人さんが丹精込めて作った話をしたからでしょうか、道具を粗末に扱う子は一人もなく、ちょっと緊張した面持ちで、ちょこんと正座し、一手指してから、きちんと頭を下げて、後ろの人と交代していきます。「ホンモノ」の日本伝統文化に触れた経験を、子どもたちなりに活かしてもらえたら、嬉しなと思います。

ホンモノ体験を通じて、子どもたちが何かを得ることができれば、とても嬉しく思います。
ホンモノ体験を通じて、子どもたちが何かを得ることができれば、とても嬉しく思います。

話が戻りますが、冒頭で触れた飛車は、成る(将棋用語で相手の陣地に入り裏返る)ことで「龍」になります。子どもたちもこの先盤上の飛車みたいに人生という大空を自由に飛び回り、いつの日か、龍のように大きく、そして強く成長してほしいなと思います。

さて、せっかくの酉年なので、2017年は私にとっても、飛躍の1年にしたいものです。あ、そういえば、酉年の鳥はニワトリなので飛べない鳥でした。(笑)

*
この記事は、神戸新聞「随想」にて、中倉彰子が寄稿したものと同じ内容のものを掲載しております。
:『神戸新聞』2017年1月23日 夕刊

いつつブログには、他にも子どもと将棋に関する記事があります( ´ ▽ ` )ノ

3月が早くも半ばに差しかかり、もうすぐ4月が訪れますが、子どもたちにとって4月とは新学年の始まりであり、新しい先生や友達 … 続きを読む...

将棋教室や将棋道場では、一般的に対局を通じて将棋の指導が行われることが多いと思います。そのため、「全く駒の動かし方が分からない」や「初め...

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへのお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝