東京新聞「子育て日記」

2017年12月11日

振る舞いお兄さんっぽく

11月から地元東京都府中市で「いつつ子ども将棋教室」を開いています。

その中には「のびのび道場」というクラスがあり、講義よりも将棋を指す実戦や詰将棋(将棋のパズルのようなもの)をメインにしています。5歳の年中さんから5年生までの生徒がいるので、我が家の長男シン(7歳)も通ってきます。シンも普段は3兄弟の末っ子で甘えん坊ですが、年下の子と指す時は、振る舞いもお兄さんっぽくなるので不思議です。

ある日の年中さんとの対局ではシンが「二歩」という禁じ手(ルール違反の手)をうっかり指してしまいました。「あ、二歩指してしまった。」とすぐに認め、この後対局を続けてよいか私に聞いてきました。「記録カードには負けと書くけど、そのまま練習で続けようか。」と二人に言うと、素直に「ハイ」。勝ち負けよりも禁じ手を指したらごまかしたりせず、ちゃんと認める様子をみて、良かったなと思いました。ちょっと感心したと思ったら、次の年上のお兄ちゃんとの対局では終わったあと、お兄ちゃんを笑わせようとしてふざけるシン。お調子者は誰に似たのやら・・・。

普段は甘えん坊のシンも将棋ではお兄さんぽい一面も
普段は甘えん坊のシンも将棋ではお兄さんぽい一面も

年齢の違う子どもたちでも同じ土俵で戦えるのが将棋の良いところ。ここでは、学年が下でも勝つことができますし、年下に負けるという経験もあります。子どもたちには、日頃から「負けることは気にしない。反省して次の対局につなげることが大切だよ。」と言い続けてはいますが、他にも勝ち負け以外の部分で頑張ったところを見つけてあげたりと、子どもたちが楽しくそして負けをいやがらないような工夫を試行錯誤しています。

帰りは暗くなっているので、私の自転車の後ろにシンを乗せて帰ります。保育園時代に戻ったような感覚。教室であった出来事はもちろん、学校であったことなどを話していると、「ママ安全運転で行ってよ」なんて、言うことも一丁前になってきました。「ママ、モテるには、どうすればいいの?」なんてきいてくることも(笑)。クラスで気になる子でもできたかな?保育園の送迎の時は、余裕がなくて自転車をこぐだけで精一杯だったけど、こうして会話ができると我が子の成長を感じながら、何より私が楽しい気持ちになります。

小学校も学年があがるごとに、わが子がどんどん”遠く”へ行ってしまう感じがあります。この後、中学校・高校……と進むにつれて、親子の会話をする時間やふれあいも少なくなっていくのかもしれません。長女、次女、末っ子と、順番に私の関わりが減ってきています。ただ時々長女でも甘えたくなる時もあると思うので、自立を見守りながらも何かあったときは助けてあげられるちょうどよい距離感を日々模索しています。

この記事は、東京新聞にて中倉彰子が連載している「子育て日記」と同じ内容のものを掲載しております。
:『東京新聞』2017年11月17日 朝刊

楽しく将棋を指したいお子さんはいつつ将棋教室

神戸のしょうぎやさんいつつでは、将棋を始めたばかりのお子さん、将棋が好きな方にぴったりの将棋テキストや雑貨を取り扱っています。

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへののお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝