将棋を楽しむ

2016年10月27日

子どものための将棋道具の選び方〜駒編〜

将棋に限らず何でもそうなんですが、いざ何かを始めようと思ったときに、「どんな道具を揃えれば良いのか」というのは意外に難しい問題かと思います。「いつまで続くか分からないものにそんなにお金をかけたくない」とか「どうせ始めるなら、モチベーションを保つために良い道具を使いたい」などなど、いろいろ悩んでしまいますよね。

そこで今回のいつつブログでは、「これから将棋の道具を揃えたい」という人に向けて、将棋道具の中でも一番種類があって悩んでしまいそうな駒の選び方のポイントについて紹介したいと思います(^-^)

なお今回はお子さんの駒を選ぶという場面を想定しております。

1. 駒の動きが書いているかどうか

全く初めて将棋を指すという小さなお子さんには駒に動き方が書いているものをオススメします。

将棋をはじめたばかりの初心者の子どもたちには、動かし方が書かれた入門駒がおすすめです。
将棋をはじめたばかりの初心者の子どもたちには、動かし方が書かれた入門駒がおすすめです。

小さなお子さんの場合、まだ学校などで漢字を習っているわけではないので、駒に書かれた文字と駒の動きを関連付けるというのが少し難しいように思います。最初のうちは実際に駒を自分の手で何度も動かしながら身体で駒の動きを覚えていくのがいいのではないでしょうか。ゲームとしての将棋の面白さを知る前に、ルールが覚えられずに将棋をやめちゃうのはとてももったいないですよね。

ちなみに、動きの書かれていないものでも、一文彫の駒は将棋初心者の方にオススメです。通常将棋の駒は「王将」や「角行」、「香車」などのように2文字書かれているのですが、一文彫の場合、「王」、「角」、「香」と一文字だけ記載されています。文字数が少ない分、文字が大きく記載されるので、それぞれの駒の見分けがつきやすいと思います。

しかしながら、子どもたちが駒の動きをある程度理解できるようになったら、できるだけ早い段階で動き方の書いていないものや二文字彫に切り替えてあげるのがいいと思います。というのも、将棋教室や将棋道場、子ども向けの将棋大会などで、動きの書いた駒や一字彫の駒が使われることがほとんどないからです。実のところ、「動きありの駒から動き無しの駒へ」、「一字彫から二字彫駒へ」というステップ・アップというのが意外に難しいんですよね(^_^;)

例えば、将棋の駒が成った時(相手の陣地に入って駒を裏に向けたとき)、ただでさえ難しい漢字がさまざまな書体で書きくずされていたり、なんとなく形が似ていて見分けにくかったりして、子どもたちがなかなか漢字だけの駒に馴染めません。しかし、子どもたちが順調に棋力を上げていくためには、動きの書かれていない二文字記載の駒を避けて通ることができません。もし、子どもたちが動き方の書かれていない駒や一字彫の駒になかなかなれないようでしたら、早見表のようなものを横に置きながら練習するというのもいいかもしれません。

動かし方の書いてない二文字駒に慣れるまで、早見表をおいて練習しよう
動かし方の書いてない二文字駒に慣れるまで、早見表をおいて練習しよう

2. 素材で選ぶ

将棋の盤や駒にはプラスチックやマグネット、木や布などさまざまな素材があります。それぞれにいいところや悪いところがあるので、用途に合わせて揃えていくのがいいと思います。

プラスチック

プラスチック駒のいいところは、とにかく安くて丈夫ということです。おもちゃ屋さんや大型スーパー、百円均一など、どこでも購入できて価格も大体1000円までととてもリーズナブルです。ゲームとしての将棋が好きで、ただひたすら将棋を指したいということであればプラスチック製のものでもいいと思うのですが、駒をピシッと指した時の音や木の感触といった五感を刺激するといった部分や、将棋の日本伝統文化としての理解を深めるといった点では、少し足りないような気がします。

マグネット

マグネットは素材というより機能なのですが、これは磁石でくっつくので、新幹線の中などでも駒が触れてずれることがないのでとても便利です。また、サイズ的にも小さめのがあるので、持ち運びや移動の際にかさばらないということがメリットに挙げられます。ただ、マグネットもプラスチックと同様、子どもの感性を磨くや、日本伝統文化に触れるという点では少しもの足りないのではないでしょうか。

いつつでは、木を使う文化を子どもたちに残していきたいという思いから、イベントのときも将棋教室のときも基本的に木でできた駒を子どもたちに使用してもらうようにしています。木は他違って天然素材なので、駒1枚1枚表情があって、温もりや呼吸を感じることもできます。子どもたちの感性を豊かにするという意味ではとてもいいのではないでしょうか。

いつつでは子どもたちの感性を豊かにする木の駒をおすすめしています。
いつつでは子どもたちの感性を豊かにする木の駒をおすすめしています。

ちなみに木の駒は木の駒でも、ものによって売り場も価格も多種多様です。例えば外国産なのか国産なのか、機械によるものなのか職人の手によるものなのか、木地にどの木を使用しているか、どの駒師さんに作られたものなのか、駒の制作方法(スタンプ駒、書き駒、彫駒、彫埋駒、盛上駒)などで価格に大きな違いが出ます。

ここからは豆知識ですが、一般的に彫駒→彫埋駒→盛上駒の順番で高級になってきます。プロ棋士の公式戦対局では、通常もっとも高級とされる盛上駒が使用されますね。

木の中で比較的気軽に購入できるのがスタンプ駒で(いつつでも天童産のものを販売しています、上記のように駒師さんや木の生地による幅がありますが、彫駒だったら、大体数万円くらいから購入できるものもあります。

もしかすると「いつまで将棋をするか分からないのに、数万円も出せないよ」という方もいるかもしれませんが、もし子どもの棋力が初段くらいになれば、伝統工芸的品としての価値も高い「一生モノ」の駒を持つのもいいと思います。かつて、大山十五世名人が「よい盤駒を持つのが、将棋に強くなる秘訣」と言っていました。いい駒を使えば、一手一手丁寧に指し、雑な手は指さなくなるということのようです(^-^)

子どもたちの棋力が上がってくると、一生モノの将棋駒もいいかもしれません。
子どもたちの棋力が上がってくると、一生モノの将棋駒もいいかもしれません。

さて今回のいつつブログでは、お子さん向けの将棋の駒の選び方についていろいろ紹介させていただいたのですがいかがでしょうか。自分にあった道具を正しく選ぶこともまた将棋上達への近道なのかもしれませんね(^ ^)

いつつ将棋教室は子どもたちに木の文化を大切にしてほしいという思いから、木の将棋道具にこだわっています。体験会も実施していますのでお気軽にご参加ください(^^)

いつつのオンラインショップ神戸の将棋屋さんいつつでも将棋盤駒の販売をしています。

まだ、駒の動かし方を覚えていないというお子様にはこちらがオススメです。

これから将棋教室に通いたい、将棋の大会に参加したいというお子様にはこちらがオススメです

株式会社いつつのメールマガジンでは、将棋など日本伝統文化を活かした子育てについての情報を無料で発信しております。是非ご登録ください。

いつつのメールマガジンに登録しませんか?
株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者金本 奈絵

株式会社いつつ広報宣伝部所属。住宅系専門紙の編集記者を経て現在に至る。

いつつへののお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝