東京新聞「子育て日記」

2016年7月13日

仕事と家庭のオン・オフ -プロ女流棋士中倉彰子 子育てブログ

働くママの悩みは、子供とじっくり向きあう時間が少ないことでしょうか。

私は仕事と家庭のオンオフが下手だなぁとよく感じます。

人には「将棋は気持ちの切り替えが大事で、特に負けた時は、反省したらすぐに気持ちを切り替えて次に向かいます。」なんてエラそうに言っているわりに、自分の仕事のオンオフは失敗ばかり。

私は普段は東京で活動していますが、会社の事務所機能が神戸のため、社内でのやり取りは、ほとんどが電話やメールになります。

ある日の我が家での団らんの時、マキが「ママのまね〜」と言って、スマホを指で動かし、子供からの問いかけに、私が「ふんふん」と上の空で返事をしている物まねをして、みんなを笑わせていました。

「ママ、いつもそうだよねぇ。」と大きく頷くマイ。「えーそんなにしてるかなぁ?」と言ってはみたものの、心の中では冷や汗。

確かに、仕事のことを考えたり、届いたメールにすぐに返事を書こうして、家事の最中にピコピコしていることもありました。子どもは親をよく見ているものですね。

気をつけないといけないなぁと思っていた矢先・・夕食作りや、家事で忙しい時間帯に、仕事のラインが。

急いで応える必要もない内容なのに、心に余裕がないまま、反射的に答えてしまった文字のやりとり。その事が原因で、相手を怒らせてしまう事態に・・。

その日は家事も心ここにあらずの状態になり、子供にもよくないと、深く反省しました。

最近実験的に、毎日定時に会社と家をテレビ電話で繋ぎ、常に打ち合わせや、話しをできるような環境にしてみました。

在宅しながら会社にいるような感覚です。定時にしたのは、仕事のオンオフを明確にしてみようという思いもあります。

その後、夕方からは家事の時間、と切り替えができるようになりました。仕事がどうしても終わらない場合は、夜中に作業をします。

寝かしつけの時には、子ども達が完全に寝てから、そ〜っと布団から出ていましたが、最近は「ママがんばってね〜」と、子供達が布団の中から送り出してくれる事も。家族の応援にほっこり心暖まります。

泊まりの出張から帰った翌日。子どもたちと家でゆっくり遊びました。

将棋の駒を高く積む競争をしたり、ピラミッド風に積み上げ面白い形を作ったり。でも「これ将棋イベントに使えないかなぁ」などと考えている自分が・・。

仕事のことは忘れて、もっと子供達との時間を楽しまないと(苦笑)。オンオフ切り替えは、私の子育ての大きな課題です。

*
この記事は、東京新聞にて中倉彰子が連載している「子育て日記」と同じ内容のものを掲載しております。
:『東京新聞』2016年2月26日 朝刊

いつつのメールマガジンでは将棋や子育てについての情報を無料で発信しております。是非ご登録ください。

株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者中倉 彰子

中倉彰子 女流棋士。 6歳の頃に父に将棋を教わり始める。女流アマ名人戦連覇後、堀口弘治七段門下へ入門。高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。2年後妹の中倉宏美も女流棋士になり初の姉妹女流棋士となる。NHK杯将棋トーナメントなど、テレビ番組の司会や聞き手、イベントなどでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、東京新聞中日新聞にて「子育て日記」リレーエッセイを2018年まで執筆。2015年10月株式会社いつつを設立。子ども将棋教室のプロデュース・親子向け将棋イベントの開催、各地で講演活動など幅広く活動する。将棋入門ドリル「はじめての将棋手引帖5巻シリーズ」を制作。将棋の絵本「しょうぎのくにのだいぼうけん(講談社)」や「脳がぐんぐん成長する将棋パズル(総合法令出版)」「はじめての将棋ナビ(講談社)」(2019年5月発売予定)を出版。

いつつへのお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝