東京新聞「子育て日記」

2016年5月9日

大きくなったなあ -プロ女流棋士中倉彰子 子育てブログ

運動会の振替え休日を利用して、前々から長女のマイ(8つ)が行きたがっていた、ディズニーランドに行ってきました。今回はマイと仲良しのお友達も一緒。ディズニーランドは6年振り。

まだマイはベビーカーに乗っていたな~、なんて思い出しながら入口のゲートをくぐると「仮装したい!」とマイ。

まだ到着したばかりなのに。ミッキーのカチューシャと、ミニー風のワンピースを選び、「このコーデにしよう。」と友達とニコニコ。シンデレラや白雪姫のドレス、なんて言われなくて良かったけど、ママとしては、出だしからお財布の心配です(笑)。

最初に来た時はオムツをしていた子が、オシャレに気を配るようになるとは…。成長を感じます。

さて、広いテーマパーク。事前にネットで、どのように回るかを考えていたのですが、長いショッピングタイムや、予定の乗り物の予約が完売など(せっかく平日に来たのに~)、なかなか読み筋通りには行きません。

ポップコーンを頬張る子供達の横で、地図やパレードの時間を見ながら、次の一手を考える私。先先と読まなくは行けなのは将棋と同じ。

また、なかなか読み筋通りに行かないのも将棋と同じです(笑)。一日いっぱい、すっかり楽しんだ子供達。帰りの電車では爆睡。ここだけは、読み筋通りでした。

さて後日、今度はマキ(5つ)と仲良しのお友達(マイの友達の妹)を連れて、サンリオ・ピューロランドに行く事に。

内緒にしていたマイのディズニーランドが、マキにバレてしまい、マキをなだめるには、これしか方法がなかったのです。

今度は妹組と、電車で出発。年が小さい分、お姉ちゃん達の時より緊張します。今度は入念に調べ、準備はバッチリ「まずはこのシアターから」と入口に。中に入り、さあ座ろうというときに、マキが「コワイコワイ」と大泣き。

結局観る事ができず、ママ、ガックリ。せっかく並んだのに~。後で訳を聞くと、以前見た時に魔女が出たとの事でした。

その後、ボートに乗ろうとするも、「コワイ~。」の連続泣き。でもこれはなだめすかして、なんとか乗せる。すると途中から「あ、コワくない。」

降りるときには、「もう一回乗ろうかな。」とケロリ。

その後は、2人で楽しそうに、キャラクターと握手をしたり、お菓子を食べたり、笑顔がいっぱいでした。
子供連れの遠出は大変ですが、子供達の楽しそうな顔を見ると、幸せな気分になります。その笑顔が見たくて、親って頑張っちゃうものですね。

楽しい思い出が作れた秋でした。

DSC_0435

*
この記事は、東京新聞にて中倉彰子が連載している「子育て日記」と同じ内容のものを掲載しております。
:『東京新聞』2013年11月15日 朝刊

株式会社いつつの無料メールマガジンでは、3児のママであり、プロ女流棋士である中倉が日々の子育てで生かせる情報を発信しております。是非ともご登録ください。

いつつのメールマガジンに登録しませんか?
株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへのお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝