東京新聞「子育て日記」

2016年5月9日

将棋熱 -プロ女流棋士中倉彰子 子育てブログ

保育所のマキ(6つ)のクラスで、将棋ブームが起きていると、先生から嬉しい報告がありました。

確かに最近、送迎の時に、子供達が将棋盤を囲む姿が目に入ってくるようになり、私も時々、チラっと覗いてアドバイスをしたりして。でも、マキは、将棋にはあまり興味がない様子。先生も「将棋より、ゴッコ遊びの方が好きみたいですね~。」

そこで、少しは将棋に興味を持たせようと、長女のマイ(9つ)が毎年参加している子供大会に、マキも参加させる事にしました。毎年3千人以上が集まる大きな大会です。

3日前から、マキは、パパとマイと練習を始めます(遅―い)。駒の並べ方とルールは何とか覚え、後は「中飛車」という、真ん中に飛車を持ってくる作戦を一つ。ほとんどぶっつけ本番で当日を迎えます。

会場が近づくにつれ、二人は「あードキドキするー!」と、緊張した様子。会場に入ると、突然マキが「マキ、絶対勝ちたい!」と宣言してビックリ。もう少し早くエンジンがかかると良かったのにねぇ(笑)。

予選1回戦は、マキより少し上のお兄ちゃんが相手です。二本指で駒を挟み「ピシッ」手つきはなかなか様になっています。

対局コーナーには、床に白いテープが貼られ、保護者はテープの外で観戦します。遠くて、どんな将棋を指しているのか、盤上が見えないのがもどかしい。

他の対局がどんどん終わっていく中、マキの将棋は全然終わりません。子供達がマキの回りに集まってきました。長く頑張っている姿に感動する私。

結果は負けでしたが、長い時間頑張った事を、たくさん褒めてあげました。2回戦は、盤上が見える位置(ヤッター)。しかし、それはそれで、やきもきするものですね。

唯一授けた作戦がうまく行き、中央突破で大優勢に。しかし、王様の捕まえ方を教えていないのが響き(笑)、負け。マキは、最後に自由対局を1局指して終了しました。

マイは2勝1敗で、予選通過ならず。昨年は3連敗だったので一歩前進です。口では悔しいと言いながらも、ちょっと嬉しそうな表情でした。

12903586_251785055158710_1000580417_o

マキは楽しかったようで、その後将棋に興味が湧いてきたようです。

クラスでは、好きな男の子も将棋をやっているとのこと。本人によると、相手もマキの事が好きらしく、どうやら両想い?将棋が共通の趣味の2人、恋の行方が気になるところです(笑)。

シン(4つ)は、アプリの将棋にはまっています。まだルールもあやふやなのですが、弱い設定にすれば必ず勝てるので、楽しいようです。来年はシンも連れて、3人で大会に参加できたら面白いなと思っています。

*
この記事は、東京新聞にて中倉彰子が連載している「子育て日記」と同じ内容のものを掲載しております。
:『東京新聞』2014年12月26日 朝刊

株式会社いつつの無料メールマガジンでは、3児のママであり、プロ女流棋士である中倉が日々の子育てで生かせる情報を発信しております。是非ともご登録ください。

いつつのメールマガジンに登録しませんか?
株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへののお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝