将棋を教える

2016年1月5日

子どもの方が将棋が強くなってしまったママが心がけるべき5つのこと

お子さんの成長は、早いものです。ルールを覚えるとすぐに初心者を脱して強くなる子もいます。最初はいっしょに母子で将棋を覚えたはずなのに、いつのまにやら子どものほうがいろいろなことを知っていて、「ちょっと私ついていけないわー」というママさんの声を、将棋の子ども教室を開いているとよく耳にします。そこで、お子さんがお母さんよりも将棋が強くなってしまってから、どうやってお子さんのサポートをしていったらいいのか、と悩んでいるお母さんに、5つのアドバイスをさせていただきます。

1.身近な目標を設定してあげましょう

もっとも身近な対局相手であるお母さんより強くなってしまった子どもは、自分の成長を実感する機会が減ってきてしまいます。そこで、明確なゴールを設定してあげることで、お子さんの進歩・進捗を見える化するとともに、将棋に対するモチベーションを高めてあげましょう。

たとえば、夏休みまでに5級になる、1月中に詰将棋100問解く、1日1局対局する、6枚落ちで先生に勝つ、などなど。

DSC_0039

2.ひとりでもできる将棋のトレーニングをつませましょう

お母さんより強くなると、対局相手がいなくなり、将棋に触れる機会が減ってしまうことがよくあります。そこで、お子さんがひとりでもできるような将棋のトレーニングを見つけてあげましょう。そうすることで、日々将棋に触れる機会を得るだけでなく、脳に汗をかきつづけることができます。ひとりで取り組むことにより集中力を身につけることもできるという副産物があります。

たとえば、詰将棋をやってみる、ネット対局、ソフト対局をやってみる、将棋の本を読むなどなど

12442970_212533665750516_1531123260_n


(いつつ特性おしゃれな布盤で対局♪)

3.実戦経験をつませましょう





実戦は、いちばん学びがあります。お母さんより強くなったということは、基本的なルールを覚え、もうすでに将棋を指すことができるということです。恐れずにどんどん実戦経験をつませてあげましょう。そうすることで、戦法を覚えたり、定跡と呼ばれる序盤の型を身につけたり、本で覚えたことを自分のものに消化することができます

たとえば、将棋大会に連れて行く、将棋道場に通う、将棋友だちを作って対局する、などなど。現在は、ネット対局、ソフト対局など環境も充実しているので、利用するのもよいでしょう。

12467921_212533559083860_1931257892_n

4.プロに触れる機会を見つけてあげましょう

将棋に興味をもったお子さんには、プロの持つ独特の雰囲気に触れてもらいたいと考えています。プロからは、将棋だけではなく、所作や行動の面においても学べることがたくさんあります。怖そうに見えるプロ棋士も、昔はお子さんのような少年少女でしたので、怖がらずに近づいてあげてください。みんな、初心にもどった気持ちで、やさしく接してくれる人ばかりです。

たとえば、将棋の棋士と指導対局できるイベントには積極的に参加してみる(意外とたくさんありますよ!)、プロ棋士の大盤解説会を聞きに行ってみる、席上対局、公開対局を観戦してみる、いつつのイベントに参加してみる(!)など。

12459961_212532309083985_911184130_n

5.棋力じゃない部分に関しては、しっかりと親の威厳を保ちましょう(^^)

将棋が強くなってくると、将棋が強いから偉い、と天狗になってしまうお子さんがいます。かわいいんですが、間違いです。上には上がいるわけですし、天狗にならないように、締めるとこは締めましょう。たとえば、座って対局をする、きちんと挨拶をする、自分より(今の時点で)弱い子に対して威張らない、など、将棋の棋力以外の側面は、まだまだお母さんの指導が必要な年頃です。将棋でお子さんについていけなくなっても、しっかりと見守ってあげてくださいね。

DSC_0154

*
「子どもに将棋を教えるとき、どうしたらいいの?」、「将棋はなぜ考える力が身につくといわれているの?」など、将棋や日本文化、子育てに関するさまざまな疑問に対して5つ(いつつ)のポイントからお答えしていく「いつつの」シリーズ、好評連載中です。
過去の「いつつの」シリーズ 一覧

女流棋士中倉彰子をはじめとする株式会社いつつのメンバーが、将棋や子育て、日本文化に関連したお役立ち情報を5つにまとめてご紹介する、いつつブ...

株式会社いつつの無料メールマガジンでは、子どもと将棋をする際に役立つ情報をどんどん発信中です。是非ともご登録ください。

株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへのお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝