将棋を楽しむ

2016年5月24日

第74期名人戦第3局の現場から

今月11日、鹿児島まで第74期名人戦第3局の現場に行ってきました。

目的は、名人戦で使用された将棋盤駒を株式会社いつつで購入させていただくためです。

名人戦盤駒をいつつで購入
名人戦の盤駒をいつつで購入

羽生名人と佐藤天彦八段の対局。今回は、対局開始「初手」を指される対局室にも立ち会わせていただいたのですが、張り詰めた空気の中で、羽生名人と挑戦者の佐藤天彦八段が将棋盤を挟んで駒を並べる所作や、一手を待つ静寂感を肌で感じ、自分の中にある、「子どもたちに、この奥深い日本の伝統文化の良さを伝えていきたい」という情熱を改めて認識し、身が引き締まる想いでした。

初手を立ち合わせていただいた後は、控室でモニター越しに真剣に向かい合う二人の姿を観戦させていただきました。

大熱戦の末、勝利したのは佐藤天彦八段。いつつにとっても、想い出深い1局となりました。

名人戦の現場へ行ってきました。
名人戦の現場へ行ってきました。

佐藤八段に今回名人戦で使用された将棋の盤駒を、将棋イベントなどを通じて子どもたちのために使わせていただく旨をお伝えしたところ、迷うことなく「ぜひ使ってください。」と言ってくださりとても嬉しかったです。(羽生先生とはお話をするチャンスがありませんでした。残念)

今回購入した名人戦の将棋盤駒が、今後子どもたちにどのような効果をもたらせるかまだ未知数ですが、この将棋盤や将棋の駒を作った職人さんがこれらの将棋道具にどれほどの思い入れがあるのかなども合わせて伝えていくことで、もっとたくさんの子どもたちに将棋に興味を持ってもらえればと考えています( ^∀^)

株式会社いつつでは、名人戦盤駒を使用した子ども向けの将棋イベントを全国で開催していきます。メールマガジンで最新の情報をお伝えしてまいりますので、こちらも是非ご覧ください。

いつつのメールマガジンに登録しませんか?
株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへのお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝