東京新聞「子育て日記」

2017年9月13日

将棋ざんまいの夏休み

夏休みも終わり、通常の学校生活に戻りました。子どもたちは嘆いていましたが、私は「ようやく終わった!」とホッとしています。 小学1年生のシンは、将棋道場に行ったり大会に出たりと、将棋ざんまいの夏になりました。

夏休みに色んな子ども将棋大会に参加した末っ子のシン。
夏休みに色んな子ども将棋大会に参加した末っ子のシン。

まずは、毎年渋谷のデパートで行われている子ども大会へ。シンのコーチ役の次女マキも同行。マキは「絶対勝つんだよ」と、いつもの強気の応援でシンを送り出しました。
一回戦の対局中、ちょっとしたハプニングが発生。子どもたちの対局は指し手が早く、シンの対局も互いにどんどん指しているうちに、どちらの手番かわからなくなってしまったようです。
シンは係の人を呼ぼうとしましたが、気づいてもらえず、相手の男の子と相談し、二人で手数を数えてみることに。無事手番も分かり、互いに納得して再開。ママに頼らず、自分で解決できた姿にちょっと成長を感じました。
この日は予選通過後、本戦の一回戦で負けました。勝ち上がるのは難しいです。

別の日は、東京ビッグサイトが会場の大会へ。今回はママと二人。お弁当を持って、電車で出掛けました。一回戦は勝ち。二回戦は相手がなかなか来ず、しばらくして係の人に不戦勝を告げられ、うれしそうなシン。次はなんと大きなお兄ちゃん。恐らく中学生で、とても強そうです。 結果、負け。でも、この日の一番いい顔をしていました。棋力差があっても、やっぱり悔しそう。終わった後、お兄ちゃんから「ここはこの手が良かった」と教わり、真剣にうなずく姿に、「負けて強くなる」だなと思いました。

夏休みの最後の週は、地元の大会に参加。私は出張があり、私の妹に連れて行ってもらいました。私が夜遅く帰ると、シンが泣きマネをしながら「ママ、次の大会いつあるの?」。マキが「シン、仕方がないでしょ」となだめると、おもむろに「じゃーん!優勝しました」と表彰状を私の眼の前に。二人でお芝居を考えてママをビックリさせようとしたのです。ちょっとわざとらしい感じではありましたが(笑)
十人ほどの小さな大会でしたが、シンにとってはうれしい夏休みの思い出になりました。

この記事は、東京新聞にて中倉彰子が連載している「子育て日記」と同じ内容のものを掲載しております。
:『東京新聞』2017年9月8日 朝刊

もっと将棋がしたくなったら、子ども向けの将棋グッズを多数取り扱ういつつのオンラインショップ神戸のしょうぎやさんいつつまで

この記事の執筆者中倉 彰子

中倉彰子 女流棋士。 6歳の頃に父に将棋を教わり始める。女流アマ名人戦連覇後、堀口弘治七段門下へ入門。高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。2年後妹の中倉宏美も女流棋士になり初の姉妹女流棋士となる。NHK杯将棋トーナメントなど、テレビ番組の司会や聞き手、イベントなどでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、東京新聞中日新聞にて「子育て日記」リレーエッセイを2018年まで執筆。2015年10月株式会社いつつを設立。子ども将棋教室のプロデュース・親子向け将棋イベントの開催、各地で講演活動など幅広く活動する。将棋入門ドリル「はじめての将棋手引帖5巻シリーズ」を制作。将棋の絵本「しょうぎのくにのだいぼうけん(講談社)」や「脳がぐんぐん成長する将棋パズル(総合法令出版)」「はじめての将棋ナビ(講談社)」(2019年5月発売予定)を出版。

いつつへのお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝