Now Loading

あきこ先生の”はじめての将棋教室”ステップ2-1桂香の動き

あきこ先生の”はじめての将棋教室”いつつブログで公開中!

初めての方も本将棋が指せるようになります。ステップは全部で3つ。(1ステップ:約10-15レッスン)ステップ2では5☓5のマスから、9☓9マスの将棋盤、そして40枚の駒をつかって本将棋のルールを覚えます☆

前のステップはこちら→

あきこ先生の“はじめての将棋教室” ステップ1-11「5☓5」で対局
いよいよステップ1の最後のレッスンです!お互いの玉を置いて、対局をしてみましょう。「5☓5」で対局対局前は「お願いします」から始めましょう...

ステップ2-1桂香の動き

今日から、ステップ2がはじまります。ステップ2-1では、新しい駒が2つ登場しますよ。これで習ってない駒は残り2種類です。駒の動きをしっかり覚えて、9×9マスの本将棋へ向けてがんばりましょう〜。新しく登場する駒は、「桂」と「香」です。

  1. 桂(けい)桂馬(けいま)
  2. 桂馬の動き
    桂馬の動き

    桂は、駒をとびこえることができる唯一の駒です。「ケンケンパ」と覚えると良いかもしれませんね。

    桂馬の動きの特徴
    桂馬の動きの特徴

    このように自分の駒や相手の駒がいても、飛び越えることができます。面白い動きですね。

    ぴょんぴょんゲーム
    ぴょんぴょんゲーム

    上の図のように、星印を置いてそこに向かって桂馬をピョンピョンはねる練習をすると、動きの特徴をつかむことができて良いでしょう。私も小さな頃、父におはじきのあるマスまで進めてみなさい、と言われて練習したのを覚えています。

  3. 香(きょう)香車(きょうしゃ)
  4. 香車の動き
    香車の動き

    香は、マスがあればどこまでもまっすぐ進むことができます。

    香車の動きの特徴
    香車の動きの特徴

    ただし、このように、自分の駒がいたら、飛び越えることはできません。

注意点としては、どちらの駒も前に進むことはできるのですが、後ろにさがることはできません。前に進んだ後に、相手の駒に狙われないか、確認してから進むと良いでしょう。

ちなみに、今回登場した駒ですが、お子さんにはあまり見かけない漢字ではないかと思います。桂は「シナモン肉桂」=高貴な香りのする木、香も「香木」など、日本の将棋が整えられた頃の「宝物」を駒にしたのではないかと言われています。「玉」「金」「銀」も「宝物」ですよね。将棋は「宝物」を取り合うゲームだといった考え方もあるのですよ。面白いですね。

〜レッスン後〜

ステップ2が始まって、本将棋への道が見えてきました。とても楽しみです。今日のレッスンでは、桂馬と香車の動きを教えていただきましたが、特徴があるし「ケンケンパ」のおかげでとてもすんなり覚えられたようです。おはじきを置いて、そこまで行ってみよう!のゲームも大喜びで取り組みましたよ。ぴょんぴょん飛んでいける桂馬を「カエル」だとか「ウサギ」だとか呼び、すっかり親しみをもったようです。

そして、皆さん突然ですが……

はじめての将棋手引帖が完成しました!

あきこ先生が作成した「はじめての将棋手引帖」が完成しました!将棋がまったく初めての方から始められる、解説と練習が一緒になった楽しい教材です。毎日のレッスンにあきこ先生の丁寧な動画解説がついていますよ。ぜひご確認くださいね。
詳しい商品説明はこちら!

次のステップはこちら→

あきこ先生の”はじめての将棋教室”ステップ2-2飛・角の動き | 株式会社いつつ
はじめての将棋教室では、女流棋士のあき子先生が、本当に初めての人にも分かりやすく将棋を紹介しています。今回のレッスンは「飛・角の動き」で...

「いいね!」で
楽しい将棋情報が!

Twitter で「いつつ」を

次回の更新は…

ママも一緒に考える −プロ女流棋士中倉彰子 子育てブログ」を予定しています。お楽しみに! (※変更になる場合もございます)

ぜひ、いつつのFacebookページTwitterFeedlyで更新情報をお受取りください!