東京新聞「子育て日記」

2016年5月9日

新しいことに挑戦 -プロ女流棋士中倉彰子 子育てブログ

先日、友人が開いているお菓子教室に、マイ(7つ)と行ってきました。

料理は得意な方ではないのですが、子供と一緒なら楽しくできそうかなと思い、参加してみました。メニューは「マドレーヌ」と「ロールケーキ」。

20140118_sin絞り袋

マイは、最初からとても楽しそう。先生が、「この材料、計ってくれるかな?」と、言うと「やりたい!」と積極的。

「砂糖をたくさん入れるるんだ。」とか、「生地はこんなに長く練るんだ。」とか、実際に作って見ると、いろいろなことが分かります。2時間位かけて、やっと出来上がったお菓子は「美味しい!」。

さて、習ったことは、すぐ復習しないと、というわけで、次の週末は、子供達とクッキング。妹のマキ(5つ)と弟のシン(3つ)も、張り切っています。

「お菓子作りはね、ちゃんと材料を計らないとダメなの。」とマイは先生気取り。私の方は、慌てて材料を買ったせいもあり「あ!卵を買うの忘れた。」近所の伯母に連絡し、急きょ、分けてもらう事に。

やれやれと思っていると、今度は家にあるはずと思っていた「泡立て器」がない。「もう、ママあるって言ったじゃないー。」とマイ。仕方がないので、菜箸を2膳合わせてグルグル。これでなんとか大丈夫ね。皆で交代し、協力しながら一生懸命まぜまぜ。

シンは、混ぜている時間が長かったせいか、生地に指を突っ込んで、つまみ食い。「こらー、まだ焼いてないんだから、ダメ!」とお姉ちゃん達から大目玉。

食いしん坊のシン「はやく食べたいなぁ~。」

さて、ところどころは私も手伝いましたが、なんとか子供達だけで、無事完成!貝殻の型からスルッと抜け出たマドレーヌが網の上に転がると、子供達から歓声が上がりました。

時間は結構掛かるけど(ママ視点だと、台所の洗い物も増えるけど・・。)、みんなで物を作ると、連帯感が生まれていいな。

今年は、こうやって、「子供達と一緒に、新しい事に挑戦!」を子育て目標にして行こう。

「あー、マドレーヌかじったの誰ー!」と台所からマイの叫び声。パパ用に、袋に詰めたマドレーヌがかじられている。

シンは慌てて「シンじゃないよ!」(←最近このセリフが多い(笑)。)でもしっかり残った歯形をみれば、一目瞭然。兄弟ケンカは、今年も多くありそうです。やれやれ。

【子供語録】
・年末の紅白歌合戦を、ビデオで何回も観る子供達。中でも人気なのが、ゴールデンボンバーの「女々しくて」。
「ぼくのことを、からかったの?あんなに好きといったのにぃ~。」と3歳の子が熱唱する姿には、思わず笑ってしまいます。

・パパが毎日読むのを楽しみにしている「親鸞」(東京新聞連載)。マイ「パパ、何読んでるの?」「親鸞」、「パパ読んで~」。その後、親鸞の音読が二人の日課に。マイに分かるのかなぁ。

*
この記事は、東京新聞にて中倉彰子が連載している「子育て日記」と同じ内容のものを掲載しております。
:『東京新聞』2014年1月31日 朝刊

株式会社いつつの無料メールマガジンでは、3児のママであり、プロ女流棋士である中倉が日々の子育てで生かせる情報を発信しております。是非ともご登録ください。

株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへのお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝