東京新聞「子育て日記」

2016年5月9日

挑戦する勇気 -プロ女流棋士中倉彰子 子育てブログ

毎年5月の末に行われる「みんなハッピー!LPSA将棋パーク」のイベントが、今年も開催されました。

ドキドキ駒積み競争!(駒をできるだけ高く積み上げる)、MY扇子・MY駒を作ろう!(扇子や駒に自分で好きな絵や文字を書く)等々、将棋が指せない人も楽しめるよう、色々なコーナーがあります。

IMG_1349

今年は、マイとマキも参加しました。会場に入ると、大会に参加しているご婦人達から「あら~、新聞見てるわよ~」と声を掛けられる二人。この日記のお蔭で、子供達もすっかり有名に(笑)。

今年は、将棋ファンの古田敦也さん(元プロ野球選手・監督)をゲストにお迎えし、トークショーや、妹の宏美(女流棋士)と席上対局を行いました。

古田さんの将棋の腕前は素晴らしく、この対局の模様は、ネットでも中継されました。 私は、今回は入門コーナーを担当。女性や親子の皆さんに、初歩から将棋を教えました。

マイは、私の横で指導の様子を見ています。「お友達と指してみる?」と聞く私に、尻込みするマイ。

しばらく私と子供とのやり取りを見ていると「指してみる!」とのこと。その時は、特に気に留めてはいなかったのですが…。

イベントが無事終了し、子供達もすっかり楽しんだ様子。MY扇子を手に持ち、ごきげんで家に帰りました。 次の日の朝食の時。

私「昨日はなんで急に指してみる気になったの?」
マイ「見ていて、勝てそうかなと思って。」

えっ?思いもよらない返事。そう言えば、大好きな通信対局も最近指さなくなっていた。負けるのがコワいのね。

でも、将棋を初めて覚えた子を前に、勝てそうかな、はないでしょう。まったく!
「それじゃあ強くならないよ!負けを怖がってちゃダメだよ。」
マイ「怖がってないもん!」いつもの言い合いに・・。

後から冷静になってみると、負けを怖がるのも、勝てそうな相手と指したくなるのも、人間の本能で自然なこと。マイは素直に話しただけなのに、ちょっと言い過ぎたかなと反省しました。

トークショーでの古田さんの言葉「もし失敗してしまっても、やってみて分かる事も多い。一番よくないのは何もしない事だと思いますね。」

どうしたら、子供達に「負けても挑戦して行く勇気」を持たせてあげる事ができるだろう。

ただ私自身も、強い相手との対局では、正直逃げ出したくなる時もあります(笑)。まずは、しっかり自分自身に言い聞かせて、実行して行かなくては!

【子供語録】
マイといつもの口ゲンカ。「もう!ママ、頭冷やしてくる!」家を飛び出し、近所をドライブし、帰宅。マキ(4つ)「ママ、どこに行ってたの?」ママ「ちょっと頭冷やしにね。」マキ「マキちゃんちの冷蔵庫で冷やせばいいのに。」ママ「そ、そうだね。」

*
この記事は、東京新聞にて中倉彰子が連載している「子育て日記」と同じ内容のものを掲載しております。
:『東京新聞』2013年6月21日 朝刊

株式会社いつつの無料メールマガジンでは、3児のママであり、プロ女流棋士である中倉が日々の子育てで生かせる情報を発信しております。是非ともご登録ください。

いつつのメールマガジンに登録しませんか?
株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへのお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝