東京新聞「子育て日記」

2016年5月9日

末っ子のいたずら -プロ女流棋士中倉彰子 子育てブログ

シンは2歳の末っ子の男子。上二人の娘の育児に苦労していない訳ではないですが、男の子はやっぱり違いますね。今まで経験した事のないイタズラをしでかすので、戸惑うことが多いです。

「やりたがりの芽を育てる」「ダメダメばかり言わない」頭の中ではわかっているのですが、目の前で何かをされると、ついつい「ダメ!」と言ってしまいます。

最近のイタズラの例。
・部屋中に塩を振りまくる。(部屋中が清められました)
・お風呂に入浴剤を3袋いれる。(お蔭で肌はしっとり)
・金魚の入った水槽に、一缶すべての餌を入れる。(金魚さん、突然の食べ放題に)

他にも、アイロンのノリづけスプレーを、まだ干している洋服にシュッシュッ。テーブルの上に歯磨き粉を山盛り出して、歯ブラシでニュ~と伸ばす、などなど・・。私の中での彼は宇宙人、理解不能な存在です。

先日、食卓で、容器に入った塩を、スプーンで食べようとするシン。「ダメよ!しょっぱいから!」慌てて腕をつかんで止めようとすると「ヤダヤダ!」と反抗。

押し問答を繰り返していると、遊びに来ていたお義母さんがひと言「経験だから、食べさせてみたら。」
「えっ?そんな、お義母さん…」(心の声)

シンの手を放すと、シンは嬉しそうに、スプーンいっぱいの塩を口の中へ・・。「うえー!」しょっぱすぎるーという顔をして、ペッペッと吐きだすシン。これには家族みんな大笑い。その後、塩の容器に近づかなくなったのは言うまでもありません。

将棋も、机上で研究を積み重ねるよりも、実戦を通じて経験する方が、身につきやすいと言われます。

危険な事でなければ、好きにやらせてあげる方が、本人の成長につながるのかもしれませんね。

お義母さんが、「大人にとってはイタズラに見えるけど、子供は、こうやったらもっと面白いかな、これはどうなっているのかな?って、色々発見しているのよねぇ。私も勉強になるわ~。」なるほど。3人の育児を成し遂げた大先輩の懐の広さを感じます。

IMG_0015

今、部屋で原稿を書いている途中ですが、台所からお義母さんの声が。
「えーっ!シンちゃん、コーヒーの粉食べちゃったのー!」

その後は、かごをかぶりニコニコ。お調子者のシンです。シンのイタズラ(好奇心?)は、これからも、まだまだ続きそうです。

*
この記事は、東京新聞にて中倉彰子が連載している「子育て日記」と同じ内容のものを掲載しております。
:『東京新聞』2013年1月25日 朝刊

株式会社いつつの無料メールマガジンでは、3児のママであり、プロ女流棋士である中倉が日々の子育てで生かせる情報を発信しております。是非ともご登録ください。

いつつのメールマガジンに登録しませんか?
株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへのお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝