東京新聞「子育て日記」

2016年5月9日

成長のスキー旅 -プロ女流棋士中倉彰子 子育てブログ

今年の冬は、家族でスキーに初挑戦。

2泊3日で、場所は長野市にある、飯綱高原スキー場。長野市には毎月将棋の指導に行っている事もあり、一度行ってみたいと思っていました。

子供達は全員初めて。まず、3人分のセットを用意しなくてはならず、準備が結構大変。スキー板と靴はレンタルね。ウェアは買った方がいいかなぁ、買うなら来年も着られるように大きめにしないと。

中に着る服や、厚めの靴下帽子は、保育所でも使えるのを選んだ方が経済的ね。手袋やゴーグルはお友達に借りて等々、旅行に行く前に疲れてしまいそう。

たくさんの荷物を無理やりスーツケースに詰め込み、いざ出発。

スキー場へ向かうバスの窓から見える雪景色に、目をキラキラさせる子供達。殆ど雪を知らない東京の子には、まぶしく映るのでしょう。シンは「オラフを作る!」と、(アナ雪で好きになった雪だるま)張り切っています。

まずは最初が肝心。マイ(9つ)とマキを(6つ)、スキー教室に通わせる事に。シン(4つ)は、私とソリ滑りです。

姉2人は、1時間半のレッスンで、リフトにも乗れるようになったとの事。2人とも結構様になっていてビックリ。先生は凄いと実感。2日目、お姉ちゃんに感化されたのか、シンが「スキーがやりたい!」と言い出し、やはり教室に通わせる事に。

みっちり先生に習い、リフトにも1回乗る事ができたシン、すっかり自信がついた様子。「オレ、もう滑れるから。」最近、自分のことを「シン」ではなく、「オレ」と言うようになったシン。

男の子らしくなって嬉しい反面、なんだか可愛らしさから卒業してしまうようで、複雑な気持ちのママ心(笑)。

シンの言葉に押され、ママと二人、リフトで山の上へ。私は十数年振りでシンは覚えたて。その親子が軽快に滑れるはずもなく、滑っては転び、滑っては転びの繰り返し。

シンは、足を八の字にするのが上手くできず、どんどんスピードが出てしまう。滑っている時は、「わー!」と言って楽しそう。

でも転ぶと「ママがそこにいるからだよー!」滑れないもどかしさを、私にぶつけてきます。こちらも、自分が滑るのに必死なんですー。二人で茂みの方に入ってしまい、スキー板を外したり、つけたり・・。

その横をマイとマキが滑り抜けて行きます。「頑張ってね~。」ゆっくり八の字ではありますが、大分上達したなー。

私の大変そうな様子を見て「ママ大丈夫?」と、急に優しさを見せるシン。「うん、大丈夫だよ。頑張って二人で降りようね!」汗だくになりながらも、ようやく下山。シンとの絆は深くなりました(笑)。

久し振りの家族旅行でしたが、スキーの体験を通して、子供達の成長を感じることができました。

IMG_2876

*
この記事は、東京新聞にて中倉彰子が連載している「子育て日記」と同じ内容のものを掲載しております。
:『東京新聞』2015年2月13日 朝刊

株式会社いつつの無料メールマガジンでは、3児のママであり、プロ女流棋士である中倉が日々の子育てで生かせる情報を発信しております。是非ともご登録ください。

いつつのメールマガジンに登録しませんか?
株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへののお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝