東京新聞「子育て日記」

2016年5月9日

働くママの日々 -プロ女流棋士中倉彰子 子育てブログ

保育所には、現在、次女(4歳)と末っ子(2歳)がお世話になっていますが、卒園までの間に、子供一人につき、一度は父母会の役員を務めるのが慣例となっています。

役員は全クラス合わせて16名で、任期は一年。皆さん仕事と育児で忙しいので、立候補をする人は殆どおらず、毎年役員を決めるのは大変なようです。

DSC_0444

今年度、私は次女のクラスの役員を務める事に。この一年で、芋ほりや観劇会の企画と準備、また、クラスの親睦会の企画等をしました。

芋ほりでは、案内書や、参加者の名簿の作成を担当し、ママさん達と、何度も打ち合わせやメールのやり取りをしました。

朝夕の送迎で挨拶をする程度の方も多かったのですが、役員を務めたお蔭で、自然と交流が広がりました。
最近は、おしゃべりにも花が咲き「お菓子の箱買いなら、あそこのお店が安い!」なんていう情報もキャッチできます(笑)。

ただ、話をしていると、世のママさん達って本当に大変だな~と思います。近所に誰も手伝ってくれる人がいないとか、仕事の帰りが遅くて、いつも保育所の終了間際に迎えに駆け込むとか。

そんな中で、保育所や学校の父母会の係もやっている人がいて…「あー私はなんて甘いのだ。」いつもグチを言っている自分を反省。
頑張っているママさん達の姿には、いつも励まされます。

さて、ママさん同士の会話でいつも戸惑うのが、自分の職業の事。「女流棋士」と言っても、将棋は女性には馴染みが薄く、最初は「えっ、それって何?」という感じ。説明するのが大変なので、隠している事も(笑)。

それでも、長女(小学1年)のママさんの方は、子供が学童等で将棋を指している子も結構いて、保育所に比べると将棋の認知度は高く「この間、彰子さんが担当している『入門将棋セット』を買ったわよ。」と嬉しいことを言ってくれます。

ママさん同士のよしみで、自宅に招いて、お子さんに将棋を教えたこともあります。「子供が将棋に興味を持っている」と聞くと、やはり嬉しいものですね。

さて、今月24日には、地元の府中市で「武蔵の国・けやきカップ」という将棋のイベントが開催されます。毎年、私と妹で企画と運営を担当しているのですが、今年は、女流棋士トーナメントの他に、新しく「子供団体戦」という、3人1組で参加する大会を併設しました。

たくさんの子供が参加してくれるように、今市内の小学校を回り、チラシ配りに奔走しています。
ママ友の子供二人と、長女の3人でチームを作って出場したいなと、密かに計画中です。

【子供語録】
○猛威をふるうシンのイタズラ
CDコンポのCD挿入口からCDがちょっとだけ顔を出している。引っ張ってもなかなか取れず、仕方なく分解してみる事に。そこには、なんとCDが5枚!も入っていた。誰も「(自分は)やってない」と言うが、これは間違いなくシンの仕業。

*
この記事は、東京新聞にて中倉彰子が連載している「子育て日記」と同じ内容のものを掲載しております。
:『東京新聞』2013年3月8日 朝刊

株式会社いつつの無料メールマガジンでは、3児のママであり、プロ女流棋士である中倉が日々の子育てで生かせる情報を発信しております。是非ともご登録ください。

いつつのメールマガジンに登録しませんか?
株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへののお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝