将棋を楽しむ

2016年9月5日

将棋を使った簡単なゲーム 利きを作ってみよう

将棋の駒の動きや利きをしっかり覚えてしまうの、結構難しいですよね~。

完全に暗記してしまえば簡単なことなのですが、一度習っただけでは、銀と金の違いがわからなくなる、桂馬の動きがわからなくなるといったお子さんをよく見かけます。

しかし、一回で駒の動きや利きを覚えられないのはお子さんのせいではありません。なぜなら、将棋の駒の利き(駒のうごき)は目に見えないからです。目に見えないものを、頭のなかで見えるようにするにはそれなりに訓練する必要があります。

駒の動きをしっかりと覚えよう
駒の動きをしっかりと覚えよう

そこで今回のいつつブログでは、いつつスタッフのメンバーが考案した、将棋の駒の利きを利用したパズルゲームを紹介したいと思います。この利きをつかったパズルでは、前述の見えない駒の利きを、(頭のなかで)見えるようにするための訓練が可能になっています。

パズルをたのしむ
パズルをたのしむ

さらに、「子どもたちにもっとたのしく・わかりやすく」をモットーに将棋の普及を行ういつつとして、将棋を始めよう!と思った人がその日のうちに簡単に将棋のルールを覚えられるようにも心がけました。

駒の動きの特徴を際立たせた問題が多いので、パズルを解けば解くほど駒の利きを覚えていくことができると思います。

駒の動かし方がまだしっかりと覚えられていないお子さんのために、おしゃれで実用的な駒の動かし方付き下敷きを作ってみました。いつつオンラインショップで好評発売中です!

(駒の動かし方がわからないお子さんには、かわいい「駒の動かし方下敷き」がオススメです。)

7問の問題を用意したので、ぜひチャレンジしてみてください(^ ^)

ルール

駒台に置かれている駒を3×3の陣地に打って、数字が書いてあるマスに数字と同じ数の利き(その場所に動くことができる駒がひとつあることにつき、ひとつの利きがあるといいます)を作ってみましょう。数字が書いていないところには、どんな数の利きができても大丈夫です。

問題

問題①

問題1
問題1

アドバイス:歩は置いたところの前方1マスに利きができますよ。それを踏まえて駒台の駒を打ってみましょう。

問題②

問題2
問題2

アドバイス:銀は斜めに利きができますよ。正解が4種類あるので全部考えてみてください。

問題③

問題3
問題3

アドバイス:金と銀の利きの違いは、真後ろ・横に利きがあるか、斜め下に利きがあるか、という違いでしたね。それを最大限に生かしてみましょう。

問題④

問題4
問題4

アドバイス:桂馬はどこに打てば2箇所に利きができるようになりますか?そこから考えてみましょう。

問題⑤

問題5
問題5

アドバイス:香車はまっすぐどこまでも進むことができますね。前方2マス、前方1マスにそれぞれ利きを作るためにはどのように香車を打てばいいでしょうか。

問題⑥

問題6
問題6

アドバイス:飛車は縦横にたくさん動けるので、いろいろなところから利きをつけることができます。飛車の打ち方が4種類あって、それに応じて答えも4種類ありますよ。

問題⑦

問題7
問題7

アドバイス:角行の位置がポイントです。角行は斜めに自由に動くことができるということを生かす配置にしてみてください。

………

これまでもいつつブログでは、他にも将棋に興味を持ったその日から楽しめる将棋に関するゲームを紹介してきました。

超簡単!本将棋の駒の動かし方を楽しく勉強できるゲーム しょうぎパズル | 株式会社いつつ
将棋のルールを使った「かんたん」、「たのしい」をモットーとした複数のゲームを紹介します。駒の動きを少し覚えれば、お子さんでも楽しめるかん...

初心者でも楽しめる将棋ゲーム  王様おにごっこ
株式会社いつつでは、全国各地でさまざまな親子向けの将棋イベント、またママ向けの講演を開催しているのですが、「将棋のルールについてよく分か...

将棋をはじめて習ってみたい!とお考えの方にオススメの、プロ女流棋士中倉彰子監修の「入門セット」も販売中ですよ〜!

今後も少しずつ無料メールマガジンやブログなどで初心者でも簡単に、そして楽しく将棋を覚えることができるようなゲームを配信していきたいと思っています。是非とも無料メールマガジンにもご登録ください(^ ^)

いつつのメールマガジンに登録しませんか?
株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへののお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝