はじめての将棋教室

2016年2月26日

あきこ先生の“はじめての将棋教室” ステップ1-6 駒をうつ

あきこ先生の “はじめての将棋教室” いつつブログで公開中!

初めての方も本将棋が指せるようになります。ステップは全部で3つ。(1ステップ:約10レッスン)ステップ1では、5×5の将棋盤と将棋の基本的なルールを学びます☆

前回のステップ

今日のレッスンは、駒を取る練習です。相手の駒を取ったら駒台に駒を置きます。取った駒は、今後は自分の駒(「持ち駒」と言います)として使える...

ステップ1-6 駒をうつ

自分の持ち駒(相手から取った駒)を盤上に置くことを「打つ」と言います。

持ち駒は自分の手番(順番)の時ならいつでも打つことができますが、駒を裏返して打つことはできませんし、「行きどころのない場所」に打つ事もできません。

例えば歩ならこういった場所ですね。

行き所のない駒
行き所のない駒

将棋は、持ち駒を使うときにだけ、この「打つ」という言い方をします。

いつもは将棋は「指す」と言います。囲碁は「打つ」なんですけどね。

例えば「将棋を指しましょう」と言います。囲碁は「囲碁を打ちましょう。」ですね。将棋のプロのことを、「将棋指し」という言い方もあります。醤油差しではありませんよ(笑)

姉妹で「将棋指し」です
姉妹で「将棋指し」です

かおりちゃん、あゆみちゃんも上手に持ち駒を打てましたね。そうです。

行きどころの無い場所に打つと「禁じ手」といって、負けてしまうので注意しましょう〜。

〜レッスン後〜

なんで将棋は「指す」のに、囲碁は「打つ」なんでしょう…と、母として素朴な疑問…。

もしかしたら将棋は「もともと置いてある自分の駒を指し動かすから『指す』」で、囲碁は「何も無いところに石を『打つ』」からとか…そんな感じなんでしょうかね…。

子ども達は、そんなこと何にもおかまいなくサラッと覚えて使っています。この素直さが新しい事を始めるには重要なのかもしれませんね〜。

素直で先入観の無い事が、子どもの強みだなぁ〜と将棋を始めて気付きました☆

次回のステップ

さて、今回の “はじめての将棋教室” はいかがでしたでしょうか?次回は、「ピシッと指す」について学びます☆

ピシっと指せたら/打てたらかっこいいですよね。練習してみましょう。まずは、3本(人差し指、中指、薬指)で駒を挟みます。親指で支えながら、人...

はじめての将棋手引帖が完成しました!

あきこ先生が作成した「はじめての将棋手引帖」が完成しました!将棋がまったく初めての方から始められる、解説と練習が一緒になった楽しい教材です。毎日のレッスンにあきこ先生の丁寧な動画解説がついていますよ。ぜひご確認くださいね。

詳しい商品説明はこちら!

株式会社いつつの無料メールマガジンでは、子どもと将棋をする際に役立つ情報をどんどん発信中です。是非ともご登録ください。

株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへのお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝