はじめての将棋教室

2016年1月29日

あきこ先生の“はじめての将棋教室” ステップ1-4駒の動きがかわる

あきこ先生の “はじめての将棋教室” いつつブログで公開中!

初めての方も本将棋が指せるようになります。ステップは全部で3つ。(1ステップ:約10レッスン)ステップ1では、5×5の将棋盤と将棋の基本的なルールを学びます☆

前回のステップ

今日のレッスンは駒の動かし方です。将棋の駒は全部で8種類あります。まずはその中でも一番重要な、「玉」(ぎょく)の動き方です。「王様」「王...

駒の動きがかわる

玉・金・銀の駒の動きはわかりましたね。でもこの動き、実は状況によって変化するのです〜。と言っても難しいことではありません。

将棋盤の壁や相手の駒があると、動けるマス目がかわるのです。

まずは玉でやっていきましょう。例えばこの写真の時、一番下だとすると、うごける場所はこうになります。

玉の動ける場所(手前)
玉の動ける場所(手前)

壁にくっついた場合では…。

玉の動ける場所(壁)
玉の動ける場所(壁)

そして、スミのほうへ行くと、動けるマス目がかわります。

玉の動ける場所(スミ)
玉の動ける場所(スミ)

金と銀もこのようにかわります。

金の動ける場所
金の動ける場所
銀の動ける場所
銀の動ける場所

そして、次はちょっとレベルをあげて、相手の駒でやってみましょう。

玉の動ける場所は、まわり全部なので、相手の駒で動きはかわらず、「まわり全部」そのまま!です。

相手の玉の動ける場所
相手の玉の動ける場所

さて、金と銀はどうでしょうか。

相手の金の動ける場所
相手の金の動ける場所
相手の銀が動ける場所
相手の銀が動ける場所

こんな感じでかわります。それでは、かおりちゃんきょうこちゃん問題です。これはどうかな?

IMG_7204

玉は「まわり全部」だったけど、自分の「銀」がいるとそこの場所へは動かすことができません。自分の駒は自分で取ることはできないことは、覚えておいてね。

では次は、その「取る」ということを学びますよ。

〜レッスン後〜

駒の動かし方をだんだん覚えた2人ですが、壁際に駒があったり、駒同士がお隣にいたりしたら、さて動ける場所が変わるのか…?を考えるレッスンでした。

クイズみたいで面白かったようです。「お友達が横にいたら押しのけては動けないもんね。」と嬉しそうな2人。

どうしたらチームで協力し合えるか、将棋を学びながらチームワークを考えられたら素敵だな〜と、そんなことを思いながらレッスンを見守りました。

動かせる場所を探す
動かせる場所を探す

次回のステップ

さて、今回の “はじめての将棋教室” はいかがでしたでしょうか?次回は、「駒をとる」について学びます☆

今日のレッスンは、駒を取る練習です。相手の駒を取ったら駒台に駒を置きます。取った駒は、今後は自分の駒(「持ち駒」と言います)として使える...

はじめての将棋手引帖が完成しました!

あきこ先生が作成した「はじめての将棋手引帖」が完成しました!将棋がまったく初めての方から始められる、解説と練習が一緒になった楽しい教材です。毎日のレッスンにあきこ先生の丁寧な動画解説がついていますよ。ぜひご確認くださいね。

詳しい商品説明はこちら!

株式会社いつつの無料メールマガジンでは、子どもと将棋をする際に役立つ情報をどんどん発信中です。是非ともご登録ください。

株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへのお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝