神戸新聞「随想」

2017年8月22日

「歩」から「と金」へ

将棋の駒の中で1番弱い「歩」。前に1歩ずつしか進めません。私はこの歩の駒を見ていると、ついつい我が家の末っ子の姿と重ねてしまいます。

4月に小学校に入学したばかり。お姉ちゃんが二人いるので、「きっと大丈夫」と高をくくっていたのですが、読み通りにはいかず・・・。学校や学童保育など、新しい環境で毎日頑張っている反動からなのか、「ママは読んだらすぐに来て!」なんて、以前にも増して生意気で甘えた態度をとるようになりました。

そんな彼ではありますが、「お、少し大きくなったな」と感じることもあります。それは、彼が将棋大会に出て1勝もできなかった日のこと。夫に電話で報告していたとき「結果なんてどうだっていいんだよ。よく5回もいやにならずに指したな。えらかったな」と言われ、我慢していたものがあふれたのか、ポロポロと大粒の涙をこぼして「うん」と力強くうなずいていました。

子どもたちが一歩ずつ成長し、いつの日か歩からと金に成ることを願っています。
子どもたちが一歩ずつ成長し、いつの日か歩からと金に成ることを願っています。

将棋には投了というものがあり、自ら負けを認めて「負けました」と言わなければなりません。ちょっと厳しい将棋のルールですが、反対に、将棋はたくさん負けることもできるし失敗することができるゲームとも言えます。負けや失敗を次に生かすということを、将棋を通じて感じ、成長してほしいなと思っています。

将棋で自分の駒が相手の陣地に入り、裏返すことを「成る」と言います。成長の「成」の字です。歩の最大の特徴は、成ることで「金将」にも勝る高い価値を持つ「と金」に変身することです。「一歩千金」。1つの歩が、千枚の金の価値になることがあるという格言です。

子どもたちの一歩一歩がいつしか、「と金」へと成長することを願い、最後の随想を終わりにしたいと思います。

この記事は、神戸新聞「随想」にて、中倉彰子が寄稿したものと同じ内容のものを掲載しております。
:『神戸新聞』2017年4月26日 夕刊

本連載は、毎回将棋の駒にまつわるエピソードを書いています。

将棋の駒に興味を持たれた方は、いつつのオンラインショップ神戸の将棋屋さんいつつまで

この記事の執筆者中倉 彰子

中倉彰子 女流棋士。 6歳の頃に父に将棋を教わり始める。女流アマ名人戦連覇後、堀口弘治七段門下へ入門。高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。2年後妹の中倉宏美も女流棋士になり初の姉妹女流棋士となる。NHK杯将棋トーナメントなど、テレビ番組の司会や聞き手、イベントなどでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、東京新聞中日新聞にて「子育て日記」リレーエッセイを2018年まで執筆。2015年10月株式会社いつつを設立。子ども将棋教室のプロデュース・親子向け将棋イベントの開催、各地で講演活動など幅広く活動する。将棋入門ドリル「はじめての将棋手引帖5巻シリーズ」を制作。将棋の絵本「しょうぎのくにのだいぼうけん(講談社)」や「脳がぐんぐん成長する将棋パズル(総合法令出版)」「はじめての将棋ナビ(講談社)」(2019年5月発売予定)を出版。

いつつへのお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝