東京新聞「子育て日記」

2016年5月9日

末っ子のデビュー戦 -プロ女流棋士中倉彰子 子育てブログ

先日、末っ子のシン(5歳)が初めて将棋大会に出場しました。毎年3千人が集まる大きな大会で、昨年はマイ(10歳)とマキ(7歳)が参加しました。

今回は、二人ともほとんど興味を示さず不参加。そんな中「ぼく、出る!」とシン(5歳)が元気よく立候補。

ただ、シンのレベルは駒の動かし方がわかる程度。「シン大丈夫なの~?」とお姉ちゃんたちも半信半疑。夕食後に将棋タイムを設けて、みんなで練習することにしました。

IMG_2467

さて、迎えた大会当日。マイがシンの様子を見たいと付き添うことに。3人で電車とバスを乗り継ぎ、会場の東京ビッグサイトへ。

シンは低学年の部の、割り振られた椅子に座ります。保護者は線が引いてあるラインの外で見守ります。

ここからはシン一人。不安そうにこちらを見るシン。まだまだ甘えん坊の我が息子。「やっぱりやだー。」と戻ってきたらどうしようと、不安になりました。

しばらくすると、大きなお兄ちゃんが、シンの向かいの席に座りました。「なんだか強そうだね。」と心配そうなマイと私。

「お願いします。」ペコリとお辞儀をして試合開始。序盤はまずまずの出だし。相手は「えっ、ちっちゃいのに定跡知っているの?」という表情(に見えた)。感心しながら見ていると、大事な場面でまったく関係のない両端の香車を動かすシン。

ガクッ。おもわず撮影していたビデオを落としそうになりました(笑)。その後はチラチラこちらを見たり、首を傾げたり。真剣に、でも楽しそうに将棋を指している様子を見ていると、親バカですが幸せな気分になりました。

玉を詰まされ小さな声で「負けました。」。そのあと、こちらを見てニッコリ。「うん、よくがんばったね。」という表情で私も頷きを返しました。

シンは、3局目あたりから場慣れをしてきて、対戦相手や隣りのお兄ちゃんと、笑いながら話しをしています。

いつもの保育所にいる時のシンの表情です。対局後に「こうすれば良かったよ。」とお兄ちゃんに教わりうなずくシン。「将棋は年齢に関係なく楽しめるゲーム」シンの姿を通して、本当にそうだと実感しました。

まだ大会は早いかなと不安でしたが、参加させて良かったと思いました。

家に帰るとすぐに、マイがシンを誘って将棋を指し始めました。ずっと将棋を見続けていたので、指したくなったようです。

将棋って、見ていると今度は指したくなるゲームなんですよね。二人の将棋を横で見ているマキ。来年の大会は3人とも「出場する!」と張り切っています。

*
この記事は、東京新聞にて中倉彰子が連載している「子育て日記」と同じ内容のものを掲載しております。
:『東京新聞』2015年11月27日 朝刊

株式会社いつつの無料メールマガジンでは、3児のママであり、プロ女流棋士である中倉が日々の子育てで生かせる情報を発信しております。是非ともご登録ください。

いつつのメールマガジンに登録しませんか?
株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへののお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝