東京新聞「子育て日記」

2016年6月23日

ジジ VS 孫 -プロ女流棋士中倉彰子 子育てブログ

年末、久し振りに父が我が家に遊びにきました。母が病気で他界してから8年。その後は一人暮らしで、現在68歳。趣味の株と、時々旅行を楽しんでいるようです。

私「お父さん、シン(5歳)と将棋を指してみてよ。」父「いやー、最近指してないからなぁ。」

父は、将棋が一番の趣味で、新聞や雑誌の将棋欄を切り抜いてファイルしたものが、本棚に溢れています。

棋力はアマチュア三段。以前は毎週のように将棋道場に通っていましたが、目標の四段になるのが難しいと悟り、最近は足が遠のいているようです。

親子で将棋
親子で将棋

昔から、体調が良い時しか道場に行かない等、ちょっと勝負にこだわるところがあり、その辺りはほどほどに、もっと将棋を楽しめばいいのにと思うのですが…。

父とシンが盤を挟むと、お姉ちゃんたちも興味深そうに集まってきます。立って見ようとする子供たち。

父「ほら、ちゃんと座って。」口調はくだけた感じですが、礼儀を教えてくれるのはありがたいです。

さて、対局の方は、駒落ち(上位者の方の駒を減らして、ハンディをつけること)で、1局目は父の勝ち。2局目も父が勝ちそうでしたが、私がアドバイスして、なんとか父の玉を捕まえシンの勝ち。

シンも父も、とても嬉しそう。おじいちゃんと孫が将棋を通して交流する姿に、ほっこり。これが将棋の良いところですよね。

子供の頃、私に将棋を教える時は厳しかった父ですが、この日はとても楽しそうに、孫に将棋を教えています。昔とずいぶん違うぞ!なんて(笑)。

父が帰ったあと、お姉ちゃんたちに、今日の将棋の感想を聞いてみました。

マイ(10歳)「ジジ、手を抜かないなーと思った」
ママ「もし手を抜いていたら、マイもジジと指してた?」マイ「うん。勝てるから。」
マキ(7歳)「ジジが何度も、『シン君、強いなあ』って言ってるのが面白かった。」
ママ「どっちを応援したの?」
マキ「シン。弱い方を応援したの。ガンバレーって。」
ママ「マキは指したくなかったの?」
マキ「うん、負けるから」

二人とも、ジジが自分を勝たせてくれる人かどうか、しっかりと見極めていたようです(笑)。シンはどんどん挑戦するのですが、お姉ちゃんたちはなかなか…。

父も、色々と悩みながら私と妹に将棋を教えていたのかもしれません。「彰子はよく口答えをしてきた」と父は何度も言います。よっぽど印象に残っているようです(笑)。

今度、私の会社のブログで「二人の女流棋士を育てた父」というテーマで、インタビュー記事を掲載する予定です。そちらの方も合わせてお読み頂けると嬉しいです。

中倉姉妹を育てた父の企画力〜中倉家対談【前編】
私中倉彰子は6歳のころから、そして同じくプロの女流棋士である妹の中倉宏美女流二段は4歳のころから、将棋を指してきました。ふたりともプロとな...

*
この記事は、東京新聞にて中倉彰子が連載している「子育て日記」と同じ内容のものを掲載しております。
:『東京新聞』2016年1月22日 朝刊

株式会社いつつのメールマガジンでは、日本伝統文化を活かした子育てについての情報を発信しております。是非ご登録ください。

いつつのメールマガジンに登録しませんか?
株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへののお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝