東京新聞「子育て日記」

2016年5月9日

3つの礼を学ぶ -プロ女流棋士中倉彰子 子育てブログ

今、北海道の稚内で、この原稿を書いています。稚内は主人の実家で、今回はお盆での帰省。北海道の夏をゆっくり過ごすのは初めてですが、爽やかな風が心地よく、快適です。子供達も、いつもよりよく寝て、元気に外を飛び回っています。

先日、静岡県で、子供を対象にした将棋合宿「浜松錬成塾」に、講師として参加してきました。

この合宿は、3日間、子供達がお寺で過ごし、寝食を共にしながら将棋を学ぶというもので、毎年夏のこの時期に行われています。

朝は5時に起床。和尚さんが鳴らす「振鈴」という鈴の音で目を覚まします。その後、皆で座禅を組みます。最初はモソモソと動いている子も、少しずつ、じっとしてきます。

しばらくすると、「警策」という長い棒で、全員が、ピシッ!と肩を叩かれます。これで身が引き締まります。将棋は長い時間盤の前に座るため、座禅はよい訓練になります。

今回私は入門クラスを担当。簡単なルールがわかる子供が対象です。
私「将棋には『3つの礼』という大切な礼儀があります。最初は『お願いします』と言ってから始めます。では、次はなんだと思う?」
A君「強いですね~。」

今から、そんなヨイショを覚えなくても(笑)。

2つ目の礼は、玉を詰まされた方が『負けました』と言葉を発し、一礼すること。悔しい気持ちを抑え、潔く自分の負けを認めることが、将棋では大事な礼儀とされています。勝った方は、礼を返します。

3つ目は、駒を片づけた後、互いに『ありがとうございました』と言い合い礼をします。勝った方も負けた方も、一緒に対局できたことへの感謝の気持ちを込めます。

「礼儀作法も実力の内」という言葉があるように、ゲームという枠を超え、相手を思いやる気持ちも、子供達に伝えて行きたいと心掛けています。

DSC_0712

お寺での生活を体験すると、いかに普段の生活が自由気ままに過ごしているかがわかります。私にとっても、よい修行になりました!
マイ(小1)は「来年は絶対ママと行く!」と張り切っていますが、普段の生活を見ていると、少々心配です。

【子供語録】
帰省中、カラオケでマイが、AKBの「会いたかった」を歌う。その後家でババが、シン(2才)に向かって「会いたかった(続けて3回)、シンちゃんに~。」
シン「会いたかった、ババに~。」
思わぬ返しに、ババ、大感動。

*
この記事は、東京新聞にて中倉彰子が連載している「子育て日記」と同じ内容のものを掲載しております。
:『東京新聞』2012年8月24日 朝刊

株式会社いつつの無料メールマガジンでは、3児のママであり、プロ女流棋士である中倉が日々の子育てで生かせる情報を発信しております。是非ともご登録ください。

株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者中倉 彰子

中倉彰子 女流棋士。 6歳の頃に父に将棋を教わり始める。女流アマ名人戦連覇後、堀口弘治七段門下へ入門。高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。2年後妹の中倉宏美も女流棋士になり初の姉妹女流棋士となる。NHK杯将棋トーナメントなど、テレビ番組の司会や聞き手、イベントなどでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、東京新聞中日新聞にて「子育て日記」リレーエッセイを2018年まで執筆。2015年10月株式会社いつつを設立。子ども将棋教室のプロデュース・親子向け将棋イベントの開催、各地で講演活動など幅広く活動する。将棋入門ドリル「はじめての将棋手引帖5巻シリーズ」を制作。将棋の絵本「しょうぎのくにのだいぼうけん(講談社)」や「脳がぐんぐん成長する将棋パズル(総合法令出版)」「はじめての将棋ナビ(講談社)」(2019年5月発売予定)を出版。

いつつへのお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝