子育て

2016年8月1日

姉が心尽くしで弟祝う -プロ女流棋士中倉彰子 子育てブログ

日に日に口が達者になってくる我が家の3人の子どもたち。

赤ちゃんの頃は、授乳、抱っこ、オムツ替え、夜泣きで睡眠不足と、子育ては体力勝負でしたが、最近は、口の勝負が多くなってきました。

3人それぞれが主張するので「あちらを立てればこちらが立たず」ケンカを仲裁するのもひと苦労です。

「分身の術で、3人それぞれ専門のママがほしいよ。」と言うと「だったら私はホンモノのママがいい。」「私だって!」とまたケンカ。いや冗談ですからー、笑

心に余裕があるときはなんとか対応できますが、仕事帰りでヘトヘトの時などは、ついつい子ども達を叱ってしまいます。

先日も、夕方の時間、長女と次女の口ケンカがきっかけで、私にも飛び火し、ケンカの輪に加わってしまいました。

「ママ、車の中で頭を冷やしてくる!」子どもたちと離れて一人、駐車場の車にこもること10分。気分も少し治まり家に戻ると、あれ?仲よくなっている。

そして3人で考えたという踊りをママに披露して、笑わそうとしています。一応一件落着。

でもこれが良い解決方法だとは思えないなぁ。ケンカは子どものコミュニケーション能力を育てる大事な経験。放っておくのが一番と聞いた事があります。

ただ現実は、怒ってしまう→反省する→悩む。の繰り返し。どうしたら聖母マリア様のような微笑みを絶やさない母になれるのでしょう。

13672064_300514420285773_570385820_n-2

そんな、ケンカが絶えない姉弟ですが、今月シンの誕生日を迎えるに当たっては、次女のマキが心尽くしの準備をしてくれました。

家で飾り付けをしたいとのことで、パーティー用のリボンで部屋を飾り付け、三角帽子やクラッカーなどを購入。

自分のお小遣いでプラモデルを買うと、包装紙でラッピング。「ママ、これ隠しておいて。」

ノートに台本を書き、模造紙に当日のスケジュールを書き込みます。「ここでシン登場」「ケーキをだす。マキ→ピアノ、マイ→タンバリン、みんな→歌う」。という具合に書かれています。

ケーキは手作りにしたいとのこと。焼くのは大変なので、スポンジケーキを買って、生クリームとチョコレートの飾り付けをする事にしました。プレートにはチョコペンで「シンへ」と書きました。

当日の仕切りも、もちろんマキ。クラッカーの音が怖くて隣の部屋に避難したシン(いったい誰のためのクラッカーなのか笑)。

「はい、シン、クラッカー終わったよ。次はケーキのろうそくだから戻って。」マキが部屋の電気を消して、シンが、ろうそくの火を消します。

誕生日プレゼントをもらい、シンは大喜び。まきも満足そうです。こんなお姉さんらしい一面もあるんだと嬉しく思いました。

こうして、少しずつ、姉弟の絆を深めて行くのかもしれませんね。

*
この記事は、東京新聞にて中倉彰子が連載している「子育て日記」と同じ内容のものを掲載しております。
:『東京新聞』2016年6月28日 朝刊

株式会社いつつのメールマガジンでは、日本伝統文化を活かした子育てについての情報を発信しております。是非ご登録ください。

株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへのお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝