将棋を教える

2016年6月3日

子どもが将棋を始めた時、親が考えるべき5つのこと【お気楽編】

先日、子どもが将棋を始めた時、親が考えるべき5つのこと【ガチンコ編】として、親御さん向けの心構えをご紹介しました。あちらには【ガチンコ編】というタイトルを付加させていただいたとおり、正統派で真面目な内容を紹介させていただきました。

子どもが将棋を始めた時、親が考えるべき5つのこと【ガチンコ編】
せっかく子どもが将棋を始めたのに、自分が将棋をしないから「子どもたちをどうサポートすればいいのか分からない」というお母さん、結構多いので...

今回は【お気楽編】として、真面目ではあるのですが、もう少し簡単に実行できる親御さん向けのコツをご紹介させていただきます。

将棋をはじめて習ってみたい!とお考えの方にオススメの、プロ女流棋士中倉彰子監修の「入門セット」も販売中ですよ〜!

1. 15分付き合う

どんな習い事でも、始めたてのころは親御さんのサポートが必要になってきます。将棋もご多分に漏れず、そうなんです。ただ、将棋は「長い!」というイメージがありますよね。1局マジメに対局すると、30分なんてあっという間。お忙しいママには30分見つけるのも一苦労ですよね、わかります。私も大変です。

DSC_0532_1024

でも、15分でいいんです。1局完了させる必要はなく、15分間付き合ってあげてください。15分だったら、時間を作り出すプレッシャーも和らぎますよね。子どもが将棋に強くなるのに必要なたった1つのことでも触れましたが、最初だけ、どうぞよろしくお願いします。

子どもが将棋に強くなるのに必要なたった1つのこと
今日は5月5日、いつつの日、ではなく、こどもの日ですね。これをお読みの皆さまも、きっとお子さんと楽しい日を過ごされたことと思います。さて、...

2. とにかく褒める

こちらも、子どもが将棋に強くなるのに必要なたった1つのこと子どもが将棋を習慣化できる5つのコツでも触れているのですが、やっぱり褒めてあげることです。

子どもが将棋を習慣化できる5つのコツ
子どもが将棋を習い始めて数ヶ月。最初は目新しかった将棋もだんだんと他の遊びや他の習い事の間にまぎれ…。おっと!これはよくあるパターンでは?...

勝っても負けても、間違えていても褒めてあげる。

DSC_0721_1024

将棋が楽しくて楽しくてしかたがないのであれば、将棋そのものにモチベーションを生じさせている状態のため、親御さんが頑張る必要はないかもしれません。

でも、始めたばかりのお子さんは、まだそういう状態ではないです。将棋に触れるモチベーションが、ママに褒めてもらえるから、というのは特殊でもなんでもありません。私は子ども教室等で多くのお子さんに接してきましたが、褒めてあげる、認めてあげると子どもたちは、いきいきとしますし、そんな子どもたちと接していると、何より教えている私自身が楽しいのです。想像を超える子どもたちの発想力を私も吸収したいと思っているので、いつも興味深く聞いています。

3. 動き方が違っていても広い心で

将棋を始めたばかりのお子さんって、本当に自由気ままなんです(笑)。金がワープするし、歩はたくさん動くし、王様取られても対局が続いたりもします。

将棋のルールを知っている大人(だけでなく、お子さんもなのですが)や、ルールブックを片手にお子さんに付き合ってあげている親御さんには、とてもキモチワルイことなのです。すごくわかります。ルールに沿わずに将棋の駒で遊んでいるような状態ですから。

でも、最初はいいのです。金がワープしても、「おおぉ、そうきたか〜困ったな〜」と大げさに驚いてあげるくらいの広い心でお子さんに接してあげてください。「金はこういうふうに動くものなのだ」と教えてしまうと、将棋がつまらなくなってしまうかもしれません。

もちろん、ある程度経ったらきちんとしたルールに沿って将棋を指すことはとても重要なことです。でも最初の最初だけ、広い心を持って見守ってあげてくださいね。

4. 盤駒を買ってあげましょう

最近は、スマートフォンやタブレットで将棋を始めるお子さんも増えてきました。技術の進歩はすごいな〜なんてアナログな私は思うのですが、お子さんがちょっとでも将棋に興味を持ったらぜひリアルな盤駒を買ってあげてください。今は100円ショップにも売っています。

DSC_0258_1024

実際の盤駒があると、いろいろな遊び方ができますし、なにより、将棋を身近に感じてもらえるように思います。駒の持ち方にこだわってみたり、ピシっと格好良く持ち駒を打ってみたり、木の匂いに酔ってみたり、いろいろ勝ち負け以外に得られることがたくさんあります。

宣伝ですけど、私も初心者向けの「はじめてのしょうぎセット」を開発しました。駒に動かし方を記載しているのでおすすめです〜。

※ いつつでも将棋盤・駒の販売をはじめました。ぜひお買い求めください(^^)

5. 兄弟姉妹やお友達を誘ってみる

将棋って、本質的にはひとりで向き合うものなのですが、ひとりって正直寂しいものなのですよね(笑)。私は将棋を始めた時、妹が常に側にいましたが、そういう便利な(笑)存在ってなかなかいないかもしれません。ひとりぼっちだと、続けるのは本当に大変なことなのです。

DSC_0578_1024

そこで、ぜひ、兄弟姉妹やお友達を誘ってみてください。ひとりでやるより、ふたりで、三人でやる方が楽しいですし、モチベーションにも繋がります。お友だちがいっしょにいてくれると、将棋教室や大会、道場に通うのもハードルが低くなりますし、なによりライバルができることでお互いを高め合える存在になっていくと、本当に楽しく毎日続けることができるようになると思います。

プロ女流棋士中倉彰子が、「子どもでもかんたん」・「わかりやすい」・「長続きする」をモットーに作成した「はじめての将棋手引帖」、好評発売中です〜。詳しくはこちらから!

(番外編)いつつのブログを読む

番外編ですが、ぜひいつつのブログを読み続けてください〜。お子さんが将棋を続けていくために、親御さんとして何ができるのか、どういった工夫があるのか、私たちなりの工夫をお届けしています。さあ今すぐ「お気に入り」に登録して、メールマガジンFacebookTwitterで繋がり続けましょう(^^)

親が考えるべき5つのこと【ガチンコ編】もどうぞ!

子どもが将棋を始めた時、親が考えるべき5つのこと【ガチンコ編】
せっかく子どもが将棋を始めたのに、自分が将棋をしないから「子どもたちをどうサポートすればいいのか分からない」というお母さん、結構多いので...

株式会社いつつの無料メールマガジンでは、子どもと将棋をする際に役立つ情報をどんどん発信中です。是非ともご登録ください。

いつつのメールマガジンに登録しませんか?
株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへののお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝