Now Loading

あきこ先生の”はじめての将棋教室”ステップ3-2棋譜の書き方

あきこ先生の”はじめての将棋教室”いつつブログで公開中!

初めての方も本将棋が指せるようになります。ステップは全部で3つ。(1ステップ:約10レッスン)ステップ3では、指すための基本となるテクニックを学びます☆

前のステップはこちら→

あきこ先生の”はじめての将棋教室”ステップ3-1二文字駒
あきこ先生の”はじめての将棋教室”いつつブログで公開中!初めての方も本将棋が指せるようになります。ステップは全部で3つ。(1ステップ:約10レッス...

ステップ3-2棋譜の書き方

駒の住所については、ステップ2-5で学びましたね。すでに習ったように、符号で対戦の記録を書き表すことを棋譜と言いますが、今回は棋譜の見方そして書き方をもう少し詳しく学びましょう。符号の特別な表記についても紹介しますね。

本やアプリで将棋盤をみると、黒と白の将棋の駒のマークをみつけることができると思います。これは「☗」先手のマーク「☖」後手のマークを表していて、持ち駒の上に書いてあります。下図だと「☗2六歩」と書き表します。

先手後手
先手後手

先手とは:先に指す人 後手とは:後に指す人 ※先後の決め方は振り駒でしたね。

一局の将棋を、この符号を記録して書いていったものを棋譜といいます。新聞の将棋欄にも棋譜が書いてあるので、興味があったら見てくださいね。

さて、符号には特別な表記があります。2-5のレッスンでは「成」だけ習いましたが、他にもいくつかの表記があり、それによって盤面上のどの駒がどう動いたのかを説明してくれています。

成と不成

「なり」「ならず」と読みます。例えば下図のように①成った時が「☗3三桂成」②成れるのに成らなかった時は「☖3七桂不成」のように書きます。

成・不成
成・不成

同じマスに盤上の駒を動かした可能性も、持ち駒を打った可能性も、どちらもある時に「打」という表記をします。①「☗2六金打」と書くのですが、2七金が無い場合は「打」は書きません。

打

右・左

同じマスに、右左同じ種類の駒が動くことができる時は、どちらが動いたかわかるようにします。①「☗3八金右」先手なら先手側から見て、動く前の駒の右左を書きます。②「☖2二金左」こちらは後手ですので、後手側から見て左の駒を動かしたため「左」と書きます。

右・左
右・左

上・引

「あがる」「ひく」と読みます。同じマスに上下同じ種類の駒が動くことができる時に使います。①「☗3八金上」先手側から見て上に動かしているので「上」と書きます。②「☖4二金引」後手側から見て、上側の駒を手前に動かしたので「引」と書きます。

上・引
上・引

また、相手が一手前に指した駒をとる時に、棋譜上では「同」と略して書きます。例えば「☗2四歩☖同歩」などと書き、先手が2四に指した駒を後手が歩で取ったということです。

余談ですが…プロの公式戦は、記録係がつき、一手一手記録用紙に記入していきます。昔は、紙にペンで専用の記録用紙に書いていきましたが、最近はipadを使って記入していきます。(ちなみにタイトル戦で初めてipad入力をしたのが、われらが「しょうぎのお兄さん」こと荒木隆さんだったそうです。)将棋の世界も、デジタル化が進んでいるのですね。

棋譜の読み方
棋譜の読み方

〜レッスン後〜

特別な表記については、なかなか理解するのが難しかったようです。子ども達からみると、読み方も慣れないようで、なんか昔の言葉みたい…と。確かに「不成」を「ならず」と読むのは少し古典的ですね。どちらに動くのか、先手側と後手側のそれぞれから考えないといけないのでテキストをくるくる回して、相手の立場から見て考えていました〜。

「いいね!」で
楽しい将棋情報が!

Twitter で「いつつ」を

次回の更新は…

ママも一緒に考える -プロ女流棋士中倉彰子 子育てブログ」を予定しています。お楽しみに! (※変更になる場合もございます)

ぜひ、いつつのFacebookページTwitterFeedlyで更新情報をお受取りください!