はじめての将棋教室

2018年6月18日

あきこ先生の “はじめての将棋教室” ステップ3-3駒の価値

あきこ先生の “はじめての将棋教室” いつつブログで公開中!

初めての方も本将棋が指せるようになります。ステップは全部で3つ。(1ステップ:約10レッスン)ステップ3では、指すための基本となるテクニックを学びます☆

前回のステップ

あきこ先生の”はじめての将棋教室”いつつブログで公開中!初めての方も本将棋が指せるようになります。ステップは全部で3つ。(1ステップ:約10レッス...

ステップ3-3駒の価値

今日のレッスンでは、「駒の価値」を学びます。8種類ある駒は大事にするべき順番があります。駒の価値は「駒の強さ」とも言い換えられますね。

駒の価値の高さ
駒の価値の高さ

では、上から順番に見ていきましょう。まずは「王(王将・玉将)」です。王様は取られてしまっては将棋が負けてしまうので、強さというより最も大事な駒ということで、一番上です。

2番目は「飛車」です。たくさん動くことができますので最強の駒ですね。成駒になるとさらに強くなりますから、早めに成って、大事にそして積極的に使っていくとよいでしょう。

「角(角行)」は「飛車」の少しだけ下の3番目です。飛車と角は、「大駒」といって、少し大きな駒で作られていて、見た目にも強そうですね。どちらもたくさん動くことができまて、価値の高い駒です。

ここから先、4番目以降は「小駒」(こごま)となります。少し小さめに作られている駒ですね。小駒の中で最初にくるのは「金(金将)」です。王の近くで守りに強い駒ですね。それより少し下がって5番目は「銀(銀将)」です。小駒の中でも、「金」と「銀」は「かなごま」とも呼ばれますよ。よく似ている金と銀ですが、金の方が1方向だけ動ける方向が多いのでこのような順番になります。

6番目は「桂馬」、そして「香車」の順に来て、最後は「歩(歩兵)」となります。歩は8種類の駒の中で一番価値の低い駒になりますが、数は最も多いので歩を上手に使えるようになると、将棋も強くなりますよ。また、「一歩千金」といって、局面によっては金以上の価値がある場合もあります。

上記のように、実は駒の価値は局面によって変わります。例えば「金を持っていたら勝ち!」という局面では、金が最も必要になり、その場での価値は一番高いです。動き方に違いがあるからこそ局面ごとに価値が変わるんですね。

ですが、まずは基本として図のようなおおよその価値を知ることが大切です。駒の価値を知っていると、駒を交換する時に役に立ちますし、相手の駒を両方取ることができる時に選ぶ判断基準になります。(今後のレッスンで学びます)

〜レッスン後〜

駒の価値を学んだ今回のレッスンでしたが、「駒を並べる順番と一緒だよ。」とあっさり順番を覚えてしまいました。そうでしたね。いつも大橋流で並べているのですが、(飛車と角の大駒を除けば)いつも通りの駒を並べる順番が、そのまま価値の順番と重なっていますので、すんなり頭にはいったようです。

「飛車が成ったら?」「龍!」と元気に答えるこどもたち。最強の駒はやっぱり人気ですね。「金は王様の ボティーガード」「銀は1枚は守り1枚は攻め」という先生の言葉が印象的でした。駒の役割分担ってあるのですね。「歩の手筋はいっぱいあります。歩を上手に使ってあげると強くなるよ。」とのこと。小さい駒だけどすごいんだねーと子どもたち。また「歩が成ったら金になるから4つも上の駒と一緒になるんだよ。歩ってすごいよね!」と歩のパワーアップのすごさに改めて気づいたようです〜。

次回のステップ

さて、今回の “はじめての将棋教室” はいかがでしたでしょうか?次回は、「上手に駒を取る」について学びます☆

あきこ先生の "はじめての将棋教室" いつつブログで公開中!初めての方も本将棋が指せるようになります。ステップは全部で3つ。(1ステッ...

はじめての将棋手引帖

将棋初心者の子どもたちが無理なく楽しく将棋を身に付けられるようにあきこ先生がつくった初心者向け将棋テキストです。
詳しい商品説明はこちら!

株式会社いつつの無料メールマガジンでは、子どもと将棋をする際に役立つ情報をどんどん発信中です。ぜひご登録ください。

株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへのお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝