はじめての将棋教室

2016年10月14日

あきこ先生の”はじめての将棋教室”ステップ2-2飛・角の動き

あきこ先生の “はじめての将棋教室” いつつブログで公開中!

初めての方も本将棋が指せるようになります。ステップは全部で3つ。(1ステップ:約10レッスン)ステップ2では、5×5から9×9の将棋盤へ、そして本将棋のルールを学びます☆

前回のステップ

あきこ先生の”はじめての将棋教室”ステップ2-1桂香の動き | 株式会社いつつ
はじめての将棋教室では、女流棋士のあき子先生が、本当に初めての人にも分かりやすく将棋を紹介しています。今回のレッスンは「桂香の動き」です...

ステップ2-2飛・角の動き

今回新しく登場する駒は、「角」と「飛」です。「大きく動く」ことのできる駒なので、「大駒(おおごま)」といいます。

  1. 飛(飛車)ひしゃ
  2. 飛車の動き
    飛車の動き

    算数の足す+の動きです。どこまでも自由に動くことができますが、以下のように、途中で自分の駒がいたらストップです。飛び越えることはできませんよ。相手の駒が途中にいたら、その駒は取ることができます。

    飛車(飛び越えられない)
    飛車(飛び越えられない)

    飛ぶ車と書いて「飛車」。なんとも格好良い駒ですよね。昔の人の車といえば人力車だったと思うのですが、「飛ぶ車」とは夢があっていいですよね。将棋の格言に「2枚飛車に追われた夢をみた」というものがあります。これは、2枚の飛車が並んで攻めてくれると、とてもコワイ強力な攻めになることを意味しています。1枚でも遠くからにらみをきかせ、攻め駒の代表の駒ですが、これが2枚並ぶともっと脅威になるという格言です。

  3. 角(角行)かく
  4. 角の動き
    角の動き

    バッテンの動きです。こちらも途中に自分の駒がいたら、そこまでしか進めません。飛び越えることもできません。

    角(飛び越えられない)
    角(飛び越えられない)

    角の特徴はなんといっても、遠くまできく「ななめの利きビーム」です。自分や相手の駒が間に入っていると飛び越えることはできませんが、何もなければ、ビームをきかすことができます。「カドに行く」という意味から「角行(かくぎょう)」とつけられました。将棋の格言をみてみると、「遠見(とおみ)の角に好手あり」があります。角は近づけるよりもビームをきかして、遠く敵陣を狙ったり、相手の駒を狙ったりするといいですよ、という意味です。

    初手(最初の形から指す手)は、76歩が多いのですが、これは自陣の角のビームを相手の陣地にきかす、という意味から、将棋の中で一番多く指されている初手となります。

    ところで、角の駒をよく見てみてください。真ん中の棒が、飛び出ています。将棋の駒は写真のような旧字体を使うことが多いです。でも小学校では、「角」と習います。漢字テストでは、このように書きましょうね。

    旧字体の角
    旧字体の角

これで将棋の駒8種類が全て登場しました。完璧に覚えてから将棋を指そうとすると大変なので、このあたりは、「そういう動きなんだ〜」程度でOKです。横に「駒の動き方一覧」を盤の横に置いて確認しながら実際に動かしてみるのも良いですね。ちなみに、いつつでは「駒の動き方一覧」の下敷きも販売しています(^^)。

また、動きを覚えるアイテムとして「将棋パズル」というパズルもおすすめです。

超簡単!本将棋の駒の動かし方を楽しく勉強できるゲーム しょうぎパズル | 株式会社いつつ
将棋のルールを使った「かんたん」、「たのしい」をモットーとした複数のゲームを紹介します。駒の動きを少し覚えれば、お子さんでも楽しめるかん...

〜レッスン後〜

これで全て駒の動かし方を学びました〜。最初は飛車と角の動きを間違えたり、金と銀を間違えたり、やっぱり難しかったみたいです。娘達を見ていると、いかに印象をつけるかが覚える鍵のようです。「金はきのこの動きだね」とか、「角は角っこにビューンといけるんだって。だからバッテンの形だよ。」とか楽しんで覚えていました。姉妹で「どの駒が好き?」なんて話たりして…。下の娘は桂馬が好きなんですって。ジャンプできるから面白いんだとか。駒の個性みたいなものを感じるようになると、地味な(すみません…汗)漢字の駒とも、仲良くなれるみたいです。

次回のステップ

さて、今回の “はじめての将棋教室” はいかがでしたでしょうか?次回は、「駒が成る」について学びます☆

あきこ先生の”はじめての将棋教室”ステップ2-3駒が成る | 株式会社いつつ
はじめての将棋教室では、女流棋士のあき子先生が、本当に初めての人にも分かりやすく将棋を紹介しています。今回のレッスンは「駒が成る」ことを...

はじめての将棋手引帖

将棋初心者の子どもたちが無理なく楽しく将棋を身に付けられるようにあきこ先生がつくった初心者向け将棋テキストです。

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへののお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝