将棋を学ぶ

2016年3月4日

自ら負けを認めることが重要な5つの理由

将棋が子育てに役立ちますよ、というアピールをする上で、私はよく「負けを認める」ということをお伝えしています。

将棋は自ら負けを認めるゲームで、第三者である審判や時間制限で決着がつくわけではないということが将棋の特色のひとつです。将棋は、一方が自ら負けを認めることで、対局が終了するのです。ちなみに、負けを認めることを将棋の用語では「投了」といいます。

ただ、自分から「負けました」と言える、つまり自ら負けを認めるということは、とても難しいことなのです。特に子どもにとってそれはとても困難らしく、我が家でもたまにあるのですが、負けた方は、相手がズルをしたとか、なんだかんだとイイワケして人のせいにしてしまう傾向があるのですよね。

そして、単に負けることと、自ら負けを認めることには大きな違いがあります。

私の将棋教室では、負けは気にしなくていいんだよ、たくさん対局をすることが大事、と口を酸っぱくするくらい言い聞かせています。親御さんの中には、負けるということに抵抗感がある方もいらっしゃるのですが、将棋で勝ち続けるということはありえません。あの羽生名人ですら、10回に3回くらいは負けているのですから…。

一方、負けを自ら率先して認めることは、とても大変なことです。なぜなら、負けたという事実を受け入れることはそんなに簡単なことではないからです。

make

ではどうして自ら負けを認めることが重要なのでしょう。その理由を5つ挙げてみます!

1. 次の成長に繋がる

自ら負けを認めるということは、自分の手に責任を持つということです。そして、自分の手に責任を持つということは、他人のせいにしないということに繋がります。他人のせいにできないから、自分自身で反省することになるんですよね。反省することで、次への成長に繋がっていくのです。

自分が負けてしまった理由を他人に求めてしまうと、なかなか反省に結びつかないんですよね。でも、自分でしっかりと反省することができれば、驚くほど成長できます。

「将棋やっててよかった」5人の証言〜いつつスタッフ編〜
「将棋・日本伝統文化を子育てに」をテーマに掲げる株式会社いつつ。私もそうなのですが、いつつに入社すると自分が将棋を指す・指さないにかかわ...

それだけではありません。負けを認めることは、とても勇気のいることです。とても悔しいことですし、顔を背けたくなる現実があるかもしれません。負けを認めるということは、それを乗り越えるということ。そしてその悔しさをバネに、自ら成長したいという成長欲求を育むことにも繋がります。

DSC_0257

2. 他者を認めることができる

自ら負けを認めるということは、相手を認めることでもあります。他者を認めることで、自分に素直になることができますし、相手の強さを尊重することにもなります。謙虚さを学ぶことができます。

世の中は広いんだ、上には上がいるんだ、そういうことを子どもの頃から実感できるというのは貴重なことだなと思います。生きていく中でいろんな困難に直面するでしょうし、たとえば受験や恋愛などで負けてしまうことがあるかもしれません。そういった際に、世の中にはうまくいかないこともある、他者は自分より優れている側面がある、そういうことを謙虚に認めることができるようになるのではないかと思います。

3. 次の勝利の充実感・達成感が大きくなる

負けを認めると悔しいですよね! 私もそうです。とっても悔しいです。問答無用に審判に負けを宣告されるよりも、きっと悔しいのではないかと思います。私は、その悔しさを大切にして欲しいなと思っています。それによって、次に勝った時の充実感や達成感が増すと考えているからです。日本将棋連盟が発行している「将棋は脳を育てる」という小冊子で、脳科学者の茂木健一郎さんが

楽ばかりしていてはドーパミンはでません。苦労しながら、楽しいと思わないとでないんです。努力したうえで、勝ったときがうれしいわけですよね。

と述べていらっしゃいますが、本当にその通りだなーと思います。

負けてばかりだと、やっぱり面白くないですよね。将棋を指すからには、勝ちたいもの。勝った時の充実感を噛みしめて、将棋を続けていってくれればいいなと思っています。

DSC_0158

4. 気持ちの切り替えができるようになる

将棋はある一定のルールのもと、対局がおこなわれます。世の中にも、さまざまなルールがあって、なければもっと楽なのに、とか自分ではどうしようもないこと、変えることができないことに悩んだりしてしまうことがあります。ですが、将棋のルールを変えるのは私には無理なので、与えられたルールの中で自分はどう成長するのかを考えることになります。

思い通りにいかない時、ルールのせいにするのは簡単なのですが、それをせずにあくまで自分はどのように変われるのか、という観点で物事を考えるクセがついたように思います。そうなってくると、私が意識して変えることができるのは私しかいないので、必然的に気持ちを切り替えることにつながってきます。

(このことに関しては、こちらの記事でも触れています。こちらも併せてご覧ください。)

子どもに将棋を教えるときに気をつけるべき5つのこと
子どもに将棋を教えるのは、大人に教えるのとは違ったケアが必要になってきます。中倉彰子が子どもに将棋を教えるときに気をつけていることをいつ...

私は将棋を通じていくつもの小さい挫折体験を積み重ねてきました。そのお陰もあって、いつつをたちあげて活動していく中で、うまくいかないこともたくさんあり、落ち込んだりもしますが、寝て起きたら切り替わっていることがほとんどです(^^)

あと、オマケです。例えば恋愛編。私も若かりし頃失恋をして落ち込みましたが、自分を磨くことで他にいい人もいるかなと切り替えることができました。将棋をしていれば、大きな挫折にも負けません! ちょっと違うかな?(^^)

DSC_0479

5. 対局が終わりません(^^)

そして、将棋は「負けました」で終局するゲーム。王様が詰んでいるのに「負けました」を言うことができなくてじーっと耐えているお子さんを大会などでもしばしば見かけますが、それでは対局が終わりません。時間切れまで粘るのはあまり美しい所作とはいえませんね。

親御さんや指導者の方は、しっかりと「負けました」と言えたことを褒めてあげることが大切ですね。

子どもの習い事に将棋を検討中のママのためのQ&A5つ
「子どもに将棋をさせると、なんとなく頭が良くなりそうなので、やらせてみたいな。」と思ってくれているパパ・ママさん、もしかしたら結構いるん...

誤解しないでいただきたいのですが、負けと劣勢・敗勢は違います。チャンスがあるうちは負けを認める必要はありませんし、早く投了することを勧めているわけではありませんよ。粘って考えて、それでも負けてしまった時には、しっかりとした声で「負けました」と言えるようになるといいですね。負けることは、恥ずかしいことではないのですから(^^)

将棋はこのように、「礼儀作法」や「負けを認めること」の大切さを教えてくれるゲームとして、お子さまの成長の上でも、非常に重要なのではないか、というように株式会社いつつでは考えています。

いつつ将棋教室では「礼儀作法」や「負けを認めること」を大切にしています。

女流棋士中倉彰子が監修する初心者向け将棋テキストはじめて将棋手引帖では、「負けました」をはじめとする将棋の礼についても触れています。

また、株式会社いつつの無料メールマガジンでは、子どもと将棋をする際に役立つ情報をどんどん発信中です。是非ともご登録ください。

いつつのメールマガジンに登録しませんか?
株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへのお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝