将棋を楽しむ

2015年10月19日

将棋の縁

都内で自分の「子ども将棋教室」を始めて7年になります。
その間、いろいろな子どもたちが通ってくれました。出会いあり別れあり。将棋が縁で知り合うことができた子どもたちに、
定跡やポイントを教えるのが目的なのですが、それだけでなく将棋を通して、それぞれの子どもたちにあったプラスアルファの「何か」を伝えることができたらなと思ってます。それが「自信」なのか、「他人を思いやること」なのか、「我慢すること」なのか…それは子どもによってそれぞれなのだと思います。「子ども将棋教室」は、将棋だけを教えているわけでは決して無いのです。

先月、子ども将棋教室からTくんが卒業していきました。
彼は、就学前にこの教室にやってきました。
将棋が大好きでしょうがないという感じで、
小さいながらも頑張って将棋を指している姿は、愛らしい印象でした。
その後、将棋の腕前もすくすくと伸びていきました。

親御さんたちも、その成長を伸ばすべく、
大会やプロ棋士の指導対局などにも積極的に参加をさせていました。
「この間、この大会でたよ!」「僕が作った詰将棋だよ。先生解ける?」と報告をしてくれるのも楽しいひと時。
教室の子どもたちの中では、一番強くなったTくん。今後はもっと上を目指して、道場で対局をたくさん指したり、少人数のところで、他の先生と研鑽を積んでいってほしいと思います。

会えなくなるのは寂しいですが、
「先生はずっと将棋の世界にいるので、大会やイベントなどでいつでも会うことができるからね。」
と伝えてました。
でもふと、「将棋を通してまた会える、と言っておきながら、私がおばあちゃんになっていて気付いてもらえなかったらどうしよう……。」などと余計な心配をしたりしてます(笑)。

子どもたちに将棋を教えることを通して、私も初心に戻ることができたり、学校でのホットニュースを知ることができたり、時には子どもたちにつっこまれたり(笑)しながら、元気をもらうことができます。
子どもたちと出会える「将棋の縁」に感謝です。

Tくんのお母様から頂いたお花です

写真:Tくんのお母様から頂いたお花です♪

皆さんも将棋をはじめて、将棋の縁を築いてみませんか?

いつつ将棋教室は、はじめて将棋に触れる子どもたちにおすすめの将棋教室です。体験会も実施しているので、お気軽にご参加ください。

将棋を始めたくなったらいつつのオンラインショップ神戸の将棋屋さんいつつまで

株式会社いつつの無料メールマガジンでは、3児のママであり、プロ女流棋士である中倉が日々の子育てで生かせる情報を発信しております。是非ともご登録ください。

いつつのメールマガジンに登録しませんか?
株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへのお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝