東京新聞「子育て日記」

2016年5月9日

三人三様の運動会 -プロ女流棋士中倉彰子 子育てブログ

秋晴れの良いお天気。今日は我が子が通う保育園の運動会。3人の子供達は、それぞれのクラスの出し物に参加します。

* * *
私の職業は「女流棋士」。主な仕事は、将棋の対局やイベントへの出演、アマチュアへの将棋指導等々。数年前には、NHKの将棋番組の司会を務めた事もあります。

DSC_0171

4年程前に、同じ女流棋士17名で、新しく「日本女子プロ将棋協会(LPSA)」という法人を立ち上げました。現在は、事業や営業を担当し「女性や子供達への将棋普及」の活動を行っています。
女流棋士と3児の母。将棋も育児も全く読み通りに進まず、悪戦苦闘の毎日!ですが、そんな姿をエッセイで綴ってみようと思います。世の中のお母さん達と、少しでも気持ちを共有できたら嬉しいです。
* * *

今回は第1回目。運動会のプログラムに沿いながら、子供達の紹介をして行きましょう。
トップバッターは、1歳、末っ子のシン。今回は乗り物競争に出場です。シンは段ボールの箱に乗るだけなのですが「イヤ~!」と号泣。いつもなら大喜びなのに…。シンは眠かったようで、朝の早起きがたたってしまいました。乳児はタイミングが重要ですね。

次は、3歳になったばかりの次女のマキ。出し物は『おばけなんてコワくない!』。

マキ「おばけが途中からくるけどね、がんばって宝物をとるの。」なるほど、ゴールの近くには、白い被り物をした、先生おばけちゃんの姿が。スタートの合図に、一心不乱に宝物に向かってダッシュするマキ。洗濯バサミに吊るされた宝物をゲットしニッコリ。日頃、歯磨きから逃げ回り、鍛えている足が光りました。

最後は、6歳の長女、マイの遊戯。年長のマイにとっては、今回が保育園最後の運動会。鉢巻をしてバチを持ち、凛々しい姿で登場。これはしっかりカメラに納めなくては!

シンをおんぶしながら、必死の形相で好位置をキープ(笑)。充電切れ寸前のカメラに焦りながらも、なんとか無事撮り終える事に成功。0歳から保育所でお世話になった長女が、こんなに成長したのね、と感慨もひとしおでした。
秋の運動会、最後はクタクタになりましたが、たくさん楽しませてもらいました。

**子供語録**
子供達の、何気ない会話に出てくる面白トークを、毎月集めてみます。
〈長女マイ〉
運動会の前日。夕食・シャワー・歯磨きを、なんと18時40分に済ませ、そのままベッドへ。
マイ「ママ、早く寝ないと明日起きれないよー!」
大人はこんなに早く寝られません。

*
この記事は、東京新聞にて中倉彰子が連載している「子育て日記」と同じ内容のものを掲載しております。
:『東京新聞』2011年10月21日 朝刊

株式会社いつつの無料メールマガジンでは、3児のママであり、プロ女流棋士である中倉が日々の子育てで生かせる情報を発信しております。是非ともご登録ください。

いつつのメールマガジンに登録しませんか?
株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者中倉 彰子

株式会社いつつ代表取締役、女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。事業部長として、地域や子どもたちに長く親しまれるイベント作りを心がけている。子育てエッセーを地方紙7新聞に連載し、近年は将棋と知育・育児を結びつけるような活動を広く展開。2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。女流二段。法政大学人間環境学部卒。@AKIKOPDG

いつつへののお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝