子育て

2015年12月9日

子育てママへ!兄弟げんかを仲裁するには「裁判官」になろう

a0002_001500最近、裁判官になろうと思っています・・・なんて。子育てしながら将棋女流棋士として司法試験合格を目指します!などではもちろんなく、子育てママの心構えとして「子育て裁判官」になろうかと!?

子育てに喧嘩はつきものですよね。うちは3人姉弟ということもあって、姉弟喧嘩が多いのです…。上の子が私に言いつけてきたり、それを聞いて下の子がわめいたり。 もう話がごちゃごちゃになって大混乱。将棋は潔く負けを認めるゲームですが、将棋じゃなくて喧嘩になったらお互いに非を認めません。「ほら謝りなさい」「そんなこと言ったの?」などなど、間に入りながら、私って裁判官みたいだなーって思ったときに閃きました!「子育て裁判官」になろう、と(^^)。

裁判官って、原告の話も被告の話もしっかりと聞きますよね。そこで子育て裁判官として、喧嘩しているふたりに1分ずつ与えてスピーチタイムを作ってみました。

「ふたりともわかった。話をひとりずつ聞くから、子育て裁判官であるママに話してみなさい。まずは末っ子から、はいではどうぞ。」横槍発言はなしだよの条件。 そうしたら、かっかしていたふたりが、咳払いなんか始めちゃって、ちょっと笑顔がみられました。でも話してみると切れ負け将棋の時はあれほど短いと感じた1分間って長いんですよね。そんなに語ることなくって。最後少し時間が余って「もう言い足りないことはない?」なんて子育て裁判官として促しちゃったり。お互いにやってみたら、伝えられた満足感もあってか、仲直りできました。なかなか良い手だったなぁと(^^)。

その時、じつは私も少し反省しました。今までは、家事とか将棋しながらだったり、適当にあしらっていたのかも。1分間という短い時間でも、手をとめ目をみて子どものはなしを聞いてあげてたかなと。子育ては子どものはなしを聞いてあげるとこからのはずですよね。将棋は1手1手交互に指すものです。兄弟喧嘩も将棋と同じように1手1手交互に指してみると、ヒートアップしすぎず、潔く相手の言い分を理解して終われるのかなーなんて思いました。

子育てを将棋にたとえちゃいましたが、この戦法はいかがでしょうか? いつもこれで解決するわけじゃないと思いますが、ぜひお試しください。

さて、今回は兄弟喧嘩に対するママの戦法についてお話ししましたが、将棋の基本的な戦法を学ぶにはこちらがおすすめです٩( ‘ω’ )و

株式会社いつつの無料メールマガジンでは、3児のママであり、プロ女流棋士である中倉が日々の子育てで生かせる情報を発信しております。是非ともご登録ください。

株式会社いつつの無料メールマガジン登録フォームです。月に2回ほど、将棋や子育て、日本文化に関するメールマガジンをお手元にお届けします。

この記事の執筆者中倉 彰子

中倉彰子 女流棋士。 6歳の頃に父に将棋を教わり始める。女流アマ名人戦連覇後、堀口弘治七段門下へ入門。高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。2年後妹の中倉宏美も女流棋士になり初の姉妹女流棋士となる。NHK杯将棋トーナメントなど、テレビ番組の司会や聞き手、イベントなどでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、東京新聞中日新聞にて「子育て日記」リレーエッセイを2018年まで執筆。2015年10月株式会社いつつを設立。子ども将棋教室のプロデュース・親子向け将棋イベントの開催、各地で講演活動など幅広く活動する。将棋入門ドリル「はじめての将棋手引帖5巻シリーズ」を制作。将棋の絵本「しょうぎのくにのだいぼうけん(講談社)」や「脳がぐんぐん成長する将棋パズル(総合法令出版)」「はじめての将棋ナビ(講談社)」(2019年5月発売予定)を出版。

いつつへのお仕事の依頼やご相談、
お問合せなどにつきましては、
こちらからお問い合わせください。

078-599-5081 株式会社いつつ

10:00 - 17:00 定休日:土日祝